■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


脳の「安全装置」を適度に外す

2015年12月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1222

 

「人は変わらない」と考えてしまうと、

実際に変わることができません。

 

「人はきっと変わることができる」と

考えられる人だけが、変わっていきます。

 

人は誰もが、何らかの「思い込み」を

持って生きています。

 

その「思い込み」があることで、

大きく道を外れることが無く、

生きていくことができます。

 

つまり、「思い込み」こそが

人生を踏み外さないための「安全装置」に

なっているということです。

 

「仕事とはこういうものだ」

 

「男とはこういうものだ」

 

「女とはこういうものだ」

 

「結婚とはこういうものだ」

 

「社会とはこういうものだ」

 

あらゆる思い込みによって、

思考や行動の範囲が必然的に

抑制されています。

 

もちろん、この抑制があることによって、

人間社会が健全に保たれます。

 

全く無視して全面的に外してしまうと、

不道徳な人になってしまいますし、

法を犯して犯罪者になってしまうことも

あるでしょう。

 

ただ、成長するため、変化するためには、

この安全装置を少しだけ

外す必要があります。

 

例えば、子供に泳ぎを教える過程では、

水の中に頭を入れることへの抵抗感を

取り払っていく必要があります。

 

上手に息を止めないと、

命の危険と隣り合わせです。

 

それでも、その危険に向き合って、

少しずつ、水の中での無呼吸に

慣れさせることが、泳ぎを覚えることに

つながっていきますね。

 

もし、少しでも危険があるからと

安全装置を外さずにいたら、

ずっと、泳ぐことはできません。

 

上手に、適度に、

安全装置を外していくことで、

人は進歩するということです。

 

最初は怖くても、

少しずつ抑制を解除して、

最適な安全装置の外し方を

覚えていきたいですね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: