■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「自己愛」と「社会貢献」の連結

2015年08月15日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0815

 

自分の才能を開花させる人間は、

強烈な程の「自己愛」を兼ね備えていると

考えています。

 

作家、芸術家、スポーツ選手、

政治家、実業家、、、

 

どんな職種の成功者であったとしても、

もし、自己愛に基づくエネルギーが

枯渇してしまっていたら、

凡人に終わっていたのではないでしょうか。

 

強烈な自己愛があったからこそ、

執念をもって自らの才能を

社会的要請とマッチさせようとし、

天才的な業績を生み出したのです。

 

アップルのスティーブ・ジョブズは、

「自己愛性パーソナリティー障害」

だったとも言われます。

 

「皆と同じ」はつまらない。

 

これまでのやり方を踏襲するだけでは

絶対に満足できない。

 

自分らしいやり方を模索したい。

 

このようなわがままな欲求が、

努力や才能と結び付いた時に、

画期的な創造や偉業に繋がったのです。

 

ジョブズほど特殊な人物ではなくても、

世の中の大成した多くの人は

自己愛が強いものです。

 

自分を信じて、「自信」を持ち、

執念をもって事に当たることが

成功に繋がっていくのですね。

 

ただ、一つ、注意しなければ

ならないことがあります。

 

自己愛の満足を

社会貢献に繋げていく工夫をしないと、

単なるわがままな「目立ちたがり」や

冷酷な「金儲け主義」の商売人に

成り下がっていくということです。

 

ですから、自己愛を満たす過程で、

どんな社会貢献をしていくかを

必死で考えるべきだと思うのです。

 

幼少期に貧しかった松下幸之助は、

通りがかりの人が水道の水を飲むのを

誰も咎めない様子を見て、

 

「電気器具を大量に行き渡らせて

 ただ同然にすることができれば、

 誰もがその恩恵を被るだろう」

 

と考えました。

 

このような社会的使命と

自分の事業を成功させる

自己愛が合体したことが、

松下電器の大成功に繋がったのです。

 

これが、私が電通で

松下電器さんを担当させて頂いた時、

一番初めに上司に教わった「水道哲学」です。

 

私は、自分自身が

自由で豊かな人生を送るだけではなく、

5万人の仲間をフリーエージェントとして

育成したいという強い願いを持っています。

 

どうしたらそれが実現できるか、

他の誰でも実現できない

私らしい道を必死に模索しながら、

自己愛と社会貢献を連結させていく思いで

やり遂げたいと思います。

 

 

  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 25歳青年

    ブログランキングからきました!
    いつもブログ読ませてもらっています。
    アップルのスティーブジョブズのような生き方が理想です。

    これからも熱いメルマガ待っています!

    15 8月, 2015 10:38 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: