■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


バチェラー2代目の「破局」と結婚の奇跡

2018年09月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

1人の「独身セレブ男性」をめぐり、

25人の女性が争う恋愛リアリティ番組

「バチェラー・ジャパン」2でカップルとなった

小柳津林太郎さんと倉田茉美さんが、

それぞれのブログで、破局したことを報告しました。

 

小柳津さんは、ブログの中で、

このような謝罪の言葉も綴っていました。

 

「番組を楽しんでいただき、

 二人の結婚を期待して頂いた方々には、

 応えることが出来ず、

 申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 

あくまでエンターテインメントですし、

1年間の恋愛を経ての結論だということですから、

私は、非難されることは無いと思います。

 

ただ、結婚に至る道はとても大変なことなのだと

改めて感じました。

 

25人の女性から真剣に選んだ1人とも、

長期間、一緒にいることは難しいのです。

 

「バチェラー1」のカップルも破局していますから、

ネット上の書き込みには、

 

「どうせヤラセ」

 

「次のシリーズの宣伝のタイミングで

 破局させている」

 

などという批判も目立ちますが、

私は、純粋に、エンターテイメントとして

楽しめば良いと考えています。

 

そして、観た人が、刺激を受けて、

どんどん新たな出会いに前向きになり、

恋愛にもアグレッシブになることを期待しています。

 

若い方の中には、恋愛から離れる

「草食系」の方も多いと聞きます。

 

「バチェラー」は、

非日常の世界の中での恋愛バラエティです。

 

しかしながら、現実世界にも通ずるところは多く、

初対面の男性と女性が、

コミュニケーションを重ねて意気投合し、

信頼関係を構築していくプロセスから、

学べることは多いのではないでしょうか。

 

他人にいかに喜んでもらえるかなど、

恋愛において培った力は、

ビジネスでも応用できることが多いです。

 

人間関係の中で、悩んだり、苦しんだり、

喜んだりして、支え合い、励まし合うことが、

人間力を高めていくと感じます。

 

ですから、若い方には、

思いっきり、恋をして欲しいです。

 

今回のお2人の破局は残念でしたが、

シーズン3以降で、どんな男女が出会い、

どのような恋愛をしていくのか、

楽しみにしています^^

 

追伸;

 

息子は「59ヶ月」、娘は「25ヶ月」になりました!

 

 

息子は、幼稚園のクラスでバチェラー状態で、

モテモテのようです!w

 

この子達がどんな恋愛をするのか、楽しみです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: