■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻の理解が得られません!

2020年10月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私は、起業してから7年、ずっと、

同じご相談をいただき続けています。

 

「挑戦したいですが、

 妻(夫)の理解が得られません!」

 

人は異なる環境で育ち、

異なるDNA、性格を持っているので、

目指している方向を完全に一致させることは

難しいでしょう。

 

しかし、だからと言って、

 

「自分が我慢すれば、家族が幸せになる」

 

と考えるのは、

自分の人生を大切にしていない

証拠だと思います。

 

もちろん、

 

「家族のために尽くすことが、

 自分の夢である」

 

という場合には、それも、

1つの立派な考え方です。

 

ところが、

 

「本当にやりたいこと」

 

「チャレンジしたいこと」

 

が目の前にあるのに、それを諦め、

気持ちを押し殺して生きていくのは

決して、幸せな人生とは言えないと思うのです。

 

だからこそ私は、自分の思いを真剣に、

相手に伝えるべきだと考えています。

 

私が大企業を退社して、起業に挑んだ時も、

妻とは、真剣に話し合い続けました。

 

音楽活動での退社を

検討していた時期を合わせると、

出会ってすぐから7年以上も

話し合い続けていたことになります。

 

その間、一度も反対すること無く、

受け止め続けてくれたことは

感謝でしかありませんが、

妻も、

 

“自分の人生に覚悟を持っていた”

 

ということだと思います。

 

世間体を気にしたり、

可能性を信じられなかったり、

夢を理解してもらえなかったり、、、

 

色んな理由で、反対されている方が

多くいらっしゃいます。

 

ただし、その裏にある心を見つめると、

人生を相手に依存していたり、

本当は信頼していなかったり、

ただ、相手を思い通りにしたいという

感情が見え隠れします。

 

つまり、

 

「伴侶の人生を「犠牲」にできない」

 

というのは方便で、人はそれぞれ、

自分の人生を自己責任で歩むべきなのです。

 

その意識の上で、一つの目標に向かって、

誰かと力を合わせて進んでいくことができれば、

それは百人力ですから、

お互いの心を見つめながら真剣に議論し続けることが

何よりも大切だと考えています。

 

あなたの人生は、あなたのものです。

 

本当の感情を無視せずに、心から進みたい道を、

全力で駆け上ってくださいね。

 

追伸;

 

本日は、ジムの後に生牡蠣&ビール&白ワイン、

そして、コーヒー豆のお買い物&アイスカフェラテ。

 

 

 

最近の私の、週一の癒しコースです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by G

    藤沢さん、初めまして。

    家族の反対はよく聞く話ですが、
    大体反対を嘆いている人は、
    説得するエネルギーも感じないし、
    明確な将来像がない場合も多い
    肌感覚があります。

    どうしてもやりたいなら、
    今の仕事続けながら、
    やれること片っ端から
    やればいいのに。とも思います。
    そうすれば、家族もその熱意に、
    次第に気持ちも変わるかと。

    結局、うまくいかないのは、
    全て自分のせい、ですよね。

    ps牡蠣、うまそうです。

    10 10月, 2020 8:20 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: