■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本はデフォルトするか vol.2

2012年04月29日

以前の記事「日本はデフォルトするか
に関して、引き続き考察します。

日本の、
国と地方を合わせた債務残高は、
GDPの200%近くに達しています。

これは先進国の中でも、
圧倒的に高い比率です。

これによって
日本国債の暴落や
日本のギリシャ化懸念が指摘され、
また、これが消費税増税導入の
大きな理由付けになっています。

しかし、
果たして本当に
日本の財政は
危険なのでしょうか?

もちろん、
今の日本の財政は、
良い状態では無く、
これ以上の悪化に
歯止めをかけなくては
ならないことは事実です。

しかしながら、
今すぐ財政的破綻の
懸念が生じるとは
言えないと考えています。

さて、
日本破綻論者が、
「近いうちに、金利が暴騰する」
と言いますが、
この点を考察しましょう。

日本の財政状況を
過去から振り返ると、
20年ほど前の債務残高は、
今の1/3程度です。

つまり、
この20年で3倍にも
膨れ上がったのですが、
果たしてこの間、
金利はどの位上昇したでしょうか?

実は、
長期金利は
5%前後から1%前後へと、
大きく低下しているのです。

財政が悪化すれば
国債は暴落
(金利は上昇)するという説は、
全く説得力を持ちませんね。

「ギリシャのようになる」
というのも、
日本とギリシャを同様に扱うこと自体、
間違っています。

ユーロという単一通貨は、
異なる財政主体(国債)が
存在していますから、
単一通貨(円)の
単一財政の日本と
同一視すること自体、
おかしいことなのです。

皆さん、
マスメディアには
嘘がたくさんあります。

騙されないようにしましょうね。

藤沢涼

※藤沢涼の無料プレゼント
『自由とお金を高速で手に入れる
「フリーエージェント」大百科』

※トップ10入りを目指しております。
  応援クリックをお願いします。


社長ブログ 社長ブログランキングへ

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: