■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


バフェットへの批判「道徳なき経済は罪悪」

2020年01月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

投資の神様であるウォーレン・バフェットは、

 

「企業は社会的大義よりも、

 株主の利益を優先すべきだ」

 

と考えていると、

フィナンシャル・タイムズが報じました。

 

環境、社会、ガバナンスに投資する企業が増える中、

 

「そのようなシフトは、

 政府の政策によって動かされるべきだ」

 

と考えているということです。

 

この報道に対して、

 

「営利企業は、企業価値の最大化を目指し、

 社会貢献は、政府が行うということは、

 極めて明確な線引きだ」

 

という賛成の声が挙がる一方で、

 

「株主至上主義が、

 強欲な資本主義を生み出している」

 

「利益を出すことだけを目標に、

 企業で働くことができるのか?」

 

「利益を出せば何をしても良い訳ではない。

 社会と社員への貢献を見失ってはならない」

 

という批判の声も散見されます。

 

私は、これらの賛否両論を見て、

二宮尊徳の言葉を思い出しています。

 

「道徳なき経済は罪悪であり 

 経済なき道徳は寝言である」

 

経営理念がない社長の会社が行う経済活動は、

ときに、罪悪を生み出します。

 

その一方で、

利益も出せていない社長が話す経営理念は、

寝言に過ぎない、ということです。

 

そして、忘れてはならないのは、

バフェットは「投資家」であるということ。

 

また、個人での慈善活動を、

誰よりも、積極的にやっていることです。

 

その上で、投資家としてのポジショントークもあり、

改めて、企業に「利益」や「株価を上げること」を

求めているということですね。

 

立場によって見え方は変わりますし、

言葉だけを見ると、見えない世界があります。

 

十分に注意したいですね。

 

さて、これらを題材に、現在の私を見つめます。

 

私が取り組むビジネスの中の、1つの企業は、

「社会貢献」に積極的に取り組んでいます。

 

そして、その姿勢が、関わる方の意識を高め、

どんどん、意欲的な方を集めています。

 

一方で、私が取り組む投資においては、

お金を生み出すことに、フォーカスしています。

 

「道徳なき経済は罪悪であり 

 経済なき道徳は寝言である」

 

これらのバランスを常に意識しながら、

私自身も言動していきたいと感じた、

バフェットの発言と、それへの反応でした。

 

自らの立ち位置、随時、見つめ直したいですね。

 

追伸;

 

息子の小学校の前にも、二宮尊徳像があります。

 

今日の話を息子にもしたら、まだ、

難しそうにしていましたが、親として、子どもに、

このような「お金の教育」をすることも、

私にとっての「社会貢献」の1つだと捉えています。

 

未来を創る子どもに、

質の高い教育をし続けられるように。

 

私が学び続け、教え続けたいと思っております。

 

本日の写真は、子ども達とお寿司!

 

 

 

江戸前寿司の「赤シャリ」も、気に入った子ども達。

食事の「新体験」も、ずっと一緒にし続けたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: