■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「ダメ出し」こそが、最高の師匠

2022年08月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は承認欲求が強いので、

褒めてくださる人の存在は、

とても有難いです。

 

しかしながら、

周囲の家族や仲間を見回してみて、

自分を褒める人しかいないのであれば

要注意だとも考えています。

 

人間は誰もが

間違えた判断や行動をしますから、

その時に、愛情を失わず心を鬼にして、

指摘してくれる人が必要です。

 

誰だって、そのような憎まれ役は

買いたくないものです。

 

それでも、相手のことを思って、

正しく指摘することこそが、

本当の「愛」だと言えるのかもしれません。

 

ビジネスの世界で成功した方でも、

周囲にYESマンばかりを配置する方は

あっという間に力を失います。

 

手にした大きなお金に群がった人に

当人が「増長」してしまい、そこに、

じわじわと摩が差し込むのです。

 

「好事魔多し」

 

で、絶好調の時こそ、

自分を律していかなければ、

途端にひっくり返されてしまうのです。

 

成功し続けている方の周囲を見ると、

そこには必ず、ダメ出ししている方がいます。

 

尊敬すべき方の多くは、

 

「俺のダメなところを教えてくれ!」

 

「私の欠点を指摘してください!」

 

などとおっしゃっています。

 

自己成長への欲求が尽きないからこそ、

周囲の貴重な声を聞き逃さないのですね。

 

このように、

指摘されたり、叱られるということは、

まだまだ成長の「余地」が

あるということです。

 

動物も、植物も、

厳しい環境に置かれてこそ、

それを乗り越えようとして

目覚ましい進化を遂げてきました。

 

これは、人間も同じです。

 

自己満足の世界にだけ浸かっていたら、

変化する周囲の状況に気付けなくなります。

 

成果が出始めた時こそ、

ダメ出ししてくれる周囲の家族や

仲間の存在を大切にしたいですね。

 

追伸;

 

今日も、子ども達は元気にスタンプラリー!

 

ダメ出しするところが見つからない、

可愛い兄妹です!

 

この子達の成長のためには、

そろそろダメ出ししなきゃですね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: