■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


能登半島を1周中に、FXで「28万円」

2019年07月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

小松空港から車で出発した私達は、

早速、能登半島に向かいました。

 

初日のプランは、能登半島を1周!

 

あいにくの雨でしたが、

 

「雨天決行!行くぞーー!!」

 

と私が号令を掛けると、

スピード狂の妻が、私からキーを奪い、

無料の高速道路「のと里山海道」を

かっと飛ばしました。笑

 

日本最長のメロディーロードがあって、

初体験の子ども達が「すごーい!」と喜ぶと、

到着したのは、能登中島駅。

 

 

 

現存2両の旧鉄道郵便車が見られるので、

鉄オタの妻と息子が、

 

「金沢に行くなら、ここに最初に行きたい!」

 

と言った場所です。

 

金沢観光客の中で、

ここを最初に目指す人は少ないのでは!?笑

 

でも、喜ぶ妻と息子の笑顔が何より嬉しいこと。

 

そして、このような歴史を大切に残すためには、

一般の人からの「募金」が必要不可欠ということで、

息子に、「お金」の意義を教えられたことは、

私の収穫です。

 

さて、続いて私が希望するスポット、

穴水出身の力士・遠藤関が子どもの頃から通い、

多くの著名人が訪れるお寿司屋さん「福寿司」へ。

 

 

 

その日の朝に獲れたネタしか乗せないという

こだわりの「能登丼」、最高でした^^

 

 

特に、貝が好きな私にとって、海鮮丼の中で

これだけ貝が存在感を示す丼は初めてで、

また金沢に来たら絶対に食べたい!味でした。

 

続いて、こちらも獲れたての生牡蠣・焼き牡蠣を

たっぷり味わうことができる宮本水産へ。

 

 

牡蠣が好きなのは、家族の中で私だけで、

この喜びがシェアできなかったのは残念ですが、

「プリップリ」で甘い甘い牡蠣でした!!

 

 

奥能登国際芸術祭2017の作品達を味わった後は、

 

 

想像よりも圧倒的に小さかった「ゴジラ岩」を経て、

 

 

 

 

日本3大パワースポットの1つ、「珠洲岬」へ。

 

 

雨でも感じる、偉大なパワー!

 

ここは、晴れの日に青い海を見に、

また再訪したいです^^

 

雨があがり、陽が沈む直前に間に合ったのが

世界農業遺産の「千枚田」。

 

 

 

このような美しい棚田から、

美味しいお米が育ってご飯をいただけることを

自然の中で教えられて良かったです。

 

夕食は、「のどぐろ」専門店で、

刺身、カルパッチョ、カナッペに

舌鼓を打って、大満足で帰路へ。

 

 

「高級には高級!

 のどぐろにはエビス!」

 

 

という広告に負けて、

帰りの運転も妻にお願いして爆睡する夫に、

文句を言わない妻に感謝です。。泣

 

 

あっ、そうそう。

 

こうして能登半島を1周している間に、

ドル円のロング・45ロットで50pips以上、

28万円を手にしたので、一応、

父親としての役目は果たしているかな?笑

 

 

 

 

明日のセミナーにご参加される皆様には、

この25万円利確の秘密も、お教えしますね^^

 

ということで、本日は、金沢市街をぐるりと!

 

楽しみますね~^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: