■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


自分を否定する人との付き合い方

2015年01月20日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0120

 

大きな成果を出せるようになると、

否定的な言葉を浴びる機会も増えます。

 

私自身はまだまだ未熟ですが、

少しずつ成果を出せていることで、

批判的なコメントを見たり、

直接、私を侮辱するようなメッセージを

頂くことが増えています。

 

私は、基本的には楽観的な人間なので、

それも「賞賛の一つ」と捉えるように

しています。

 

「勝敗」がついてしまう世界の中で、

「嫉妬」という感情が生まれるのは

人間として当然だと考えているからです。

 

ただ、その感情を

否定的な言葉で表現するか、

自分を鼓舞する力にするかは、

大きな分かれ道だと思いますけどね…。

 

いずれにしても、

勝負の世界では、妬みで味わう

負の感情との付き合い方を

考えなければいけません。

 

そのような観点で、

一つの映像をご覧になって

頂きたいと思います。

 

「世界で1番醜い女」という

あまりにも残酷な言葉で罵られる、

難病を抱えた女性のプレゼンです。

 

アメリカ・テキサスに住む

リジー・ベラスケスさんは、25歳。

 

新生児早老症様症候群の

一種を持って生まれ、

老化が急激に進んでしまう

「早老症様顔貌」と、

皮下脂肪組織の異常な減少

という症状と戦っています。

 

右目は失明してしまい、

1日に60回の食事が必要で、

それでも、体重が30kg以上に

なったことがないそうです。

 

「世界の為に、

 お願いだから銃で自殺して。」

 

そんな悲痛なメッセージを浴びても、

前向きに生きていく彼女の姿勢から、

学ぶことがたくさんあります。

 

自分を否定するような言葉は、

燃料にして自分を燃やす。

 

私は、彼女に「勇気」を頂きました。

※字幕が出ない場合は、

 右下の「字幕」をオンにしてご覧下さい。

 

追伸;

家族で「ベイマックス」を観てきました。

 

息子は2歳にして映画館デビューで、

最後まで飽きずに頑張りました。笑

 

映画は感性を育てる素敵なものの一つなので、

これからも一緒に多くの作品を観たいと思います^^

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 岩瀬玲子

    リジー・ベラスケスさんのとても素晴らしい演説、ありがとうございました。
    「自分の定義とは何か?」
    を模索し続け、自分の夢や自由を手にしていくであろう彼女の言葉にとても共感しました。
    誰かの言葉に、傷つくこと。悩むこと。生きていくこと。
    ネガティブを自分の糧にして、ポジティブになること。
    障害のない普通の人にもよくわかることでしょう。
    彼女の存在とは、そんな世の中を、覆していく見えない力に定義され続けるのではないかと思います。
    ユーモアさえ交えて語る彼女のこの動画に、わたしも見えない力をもらった気持ちでいっぱいです。

    20 1月, 2015 9:19 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: