■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ハイパーノマドは時代の必然

2014年01月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140102_6

08年の金融恐慌を的中させ、

ヨーロッパ最高の頭脳と呼ばれる

ジャック・アタリ氏は、

 

「私達は再び、移動しながら生きる

ノマド(遊牧民)としての生活に戻る。

モバイルツールなどを駆使し

世界中どこでも生きていける

ハイパーノマドが、次々に生まれていく。」

 

と予測しています。

 

人類史上、人はずっと、

移動生活を送って来ました。

 

現代のような定住生活は、

歴史としてはまだまだ浅いのです。

 

人が定住を始めたのは、

特定の土地で農作物を作ることが

きっかけでした。

 

農業から工業に移っても、

一つの場所に集まり、

集団で事業を形成する必要が

ありました。

 

しかし、第三次産業であるサービスは、

場所に固定されることはありません。

 

インターネットの発達と

モバイルツールの普及により、

誰もが、どこにいても

価値を提供出来るようになったのです。

 

そうすると、

人間本来の欲求が刺激されます

 

「ここではない

どこかへ行ってみたい。」

 

と、未知の場所と

そこでの新たな出会いを

求めることは、

人間なら誰もが持つ

基本的な欲求なのです。

 

私も、この欲求に

刺激されている一人です。

 

海外旅行はたくさん行きましたが、

まだ足を踏み入れていない国も

多くありますし、

国内でも、各都道府県の本当の良さを

体感出来ていない場所があります。

 

ですから、この欲求に従い、

世界のあらゆるところを転々としながら

新たな出会い、新たな経験を重ねる

人生を送りたいと考えています。

 

国内をキャンピングカーで

ぐるっと一周したり、

パリやローマを拠点として、

ヨーロッパを周遊してみたり。

 

Ryo’s Partyのメンバーが

世界各国の一番好きな場所に

それぞれ拠点を持って、

定期的に会って交流し、

そこで生まれた価値を

どんどん提供していく。

 

そんな未来を描いています。

 

そして、そのようなライフスタイルを

実現したメンバー達が東京に集結し、

東京ドームで祝杯を挙げる。

 

これが、今年の初夢です。

 

「そんなの無理でしょ・・・。」

 

と思われるかもしれませんが、

私は、実現してみせます。

 

何故なら、

この変化は時代の必然だから。

 

時代の流れに、

素直に乗れば良いのです。

 

Ryo’s Partyの最新講義を

無料で公開しています。

http://fujisawa-ryo.com/entry

 

あなたに価値があるかどうか、

確かめて下さいね。

 

2014年の構想を練れば練る程、

夢が広がってワクワクが止まりません!

 

会社員の頃は、

新年の仕事始めが

憂鬱で仕方なかったですけどね。

 

なんだこの差は!

 

という感じです。w

 

早く、この感覚を

あなたにも味わって欲しいな^^

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: