■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


成功者の新聞離れが加速

2015年01月24日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0124

 

「若者の新聞離れ」が叫ばれていますが、

実態としては、「新聞の若者離れ」であり、

新聞の体制に責任があると考えています。

 

私の周囲の成功している起業家の中に、

毎朝新聞を読んでいる人は皆無です。

 

以前は読んでいたとしても、

すでに解約した方ばかりです。

 

成功者の新聞離れも、

加速していると感じています。

 

私が社会人になった頃は、

 

「毎朝、しっかり新聞を読め!」

 

と上司から厳しく指導され、

満員電車の中でもみくちゃにされながら、

一生懸命読んでいたことを思い出します。

 

しかし、

新聞はすでに「古聞」になっていて、

速報のニュースはインターネットで

得ることが可能になりました。

 

また、差別化になる情報を

新聞から得ることは全くできないと

言って良いでしょう。

 

新聞は元々、

江戸時代の「瓦版」が発祥であり、

均質で網羅的な情報を

多くの人に届けるのが使命なのですが、

現在でもそのような紙面づくりなのです。

 

時代の変化に合わせた

改善の努力をしてこなかったツケが、

死にゆくメディアと揶揄されることに

繋がっています。

 

更に、朝日新聞の誤報問題等、

その情報の質自体も問われています。

 

経営の悪化と質の悪化が「鶏と卵」になり、

どんどん、悪循環に陥っていますね。

 

新聞は政治との距離も近く、

既得権益を握っていますが、

国民に影響を与えるメディアとしては

もう力を失ってしまいました。

 

これから、メディアの世界が壊れ、

新たなものが生まれていく過程の序章を

私達は目撃していくことになります。

 

このパラダイムシフトを、

他人事のような立ち位置で見るか、

自ら、そのメディアの激変に飛び込み、

新たな「発信者」となるか、

その選択が、未来を大きく変えていきます。

 

自らを成長させてくれるような

情報ソースから大いに学び続け、

自分自身もそのような

メディアの一つになれるよう、

努力をしていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by ジ、アンダーテイカー

    息子さんかわいいですね。藤沢先生にそっくりですね。

    25 1月, 2015 9:27 AM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: