■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


近江商人の峠越え

2015年01月25日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0125

 

2人の呉服売りが行商のため、

峠を越えようと歩いていました。

 

「この峠がもっと低ければ良いのに…」

 

歩き疲れてこぼした一言に、

もう1人がこう言いました。

 

「いや、もっと高い方が良い。」

 

江戸時代に活躍した

近江商人の話ですが、ご存知ですか?

 

この話には、

ビジネスに取り組むにあたり

極めて重要な教えがあるのです。

 

もし、この峠が低ければ、

峠を越えて行商をするライバルが

増えることになります。

 

 

すると、

お客様をライバルに奪われ、

2人の売上は減り、

更に、価格競争で利益も

減ることになります。

 

一方、もっと高く険しければ、

他に誰も峠を越えて行商に行こうと

考えなくなるでしょう。

 

つまり、ライバル不在の一人勝ちで、

高い価格で販売することが可能なのです。

 

冒頭の前者のように、

ラクがしたいからと低い峠を望む人は、

いつまでも貧乏です。

 

一方、後者のように、

一時的に負荷が掛かっても、

高い峠を越えようとする人は、

どんどんお金持ちになります。

 

そして、いつまでも

苦労が伴う訳ではありません。

 

手にしたお金で、

自分専用の「ロープウェイ」や

「トンネル」などを作ってしまえば、

後に、ラクすることもできるのです。

 

その上で、

その商いを誰かに任せれば、

次の商いに挑戦する時間を

生み出すこともできますね。

 

あなたが将来、

少しでも裕福になりたいのならば、

目の前のラクを求めず、

高い峠を越えた

一人勝ちを目指しましょう。

 

より高く、

より遠くを目指せば、

ライバルは勝手に消えていきます。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: