■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


生活保護受給者のスティグマ

2013年12月10日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1210_1

「ハリー・ポッター」を書いた

J・K・ローリングは、

鬱病を患った生活保護受給者でした。

 

人生には、光もあれば、

闇もあるものです。

 

彼女のように、

深い闇から抜け出し、

もう一度光を手に出来るチャンスが

平等に与えられる。

 

それが、

自然な姿と言えるでしょう。

 

しかし、日本では、

生活保護受給者には

大いなるスティグマがあります。

 

スティグマとは、ギリシャ語で、

奴隷や犯罪者の身体に刻印された

徴(しるし)という意味です。

 

個人に非常な不名誉や屈辱を

引き起こすもの、ということです。

 

芸人の河本準一さんのお母様の話、

覚えていらっしゃいますか?

 

生活保護を受給していたと、

まるで犯罪者のように

大々的に報道されました。

 

しかも、

「不正受給」と称され、

マスメディアが一斉に

袋叩きにしました。

 

あれは、不正受給ではありません。

 

年収の高い河本さんが

お母様も扶養すべきなのでは?

ということであり、

「要件」ではなく「優先」に

とどまることです。

 

それを、殺人を犯した人間のように

「不正だ!」と酷評し、生活保護自体を

「もらい得」「正直者がバカを見る」

というように煽って報道していました。

 

もちろん、不正受給は

ゼロではありません。

 

全体の0.5%程度が

不正受給者の懐に入っています。

 

しかし、あの報道を見たら、

多くの方が、

 

「生活保護の多くは、

不正受給者に流れているんだ・・・」

 

と感じてしまうでしょう。

 

本当に苦しんでいる方を

救う為の正しい社会保障が、

悪の象徴に陥れられる。

 

ここにも、

テレビをはじめとした

マスメディアの愚かさが

露呈しています。

 

差別や偏見を生み、

助長するような報道。

 

誤った情報を流し、

訂正もしない怠慢な姿勢。

 

これが、低レベル過ぎる

日本のマスメディアの現状です。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: