■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


宇宙を地球に持って来るんだ!

2013年12月09日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1118_12

「人の想像力をかきたてる宇宙計画に

政府が出資しないなら、

私は宇宙を地球に持って来て、

少しでも想像力の助けにする。」

 

映画『E.T.』は、

中止された宇宙計画に対する

スピルバーグのメッセージです。

 

80年代最大のヒット映画で、

公開当時は映画史上最大のヒット作。

 

伝説の映画ですよね。

 

子供達がE.T.と初めて出会うシーンは、

実際に撮影する際に初めて、

会わせたそうです。

 

ですから、あの絶叫は演技ではない。

 

子役の素の表情なのです。

 

また、E.T.の特別な力の中で、

主人公のケガを治すシーンがあります。

 

映画の中でも、

名シーンの一つですね。

 

これは、子供達に、

 

「こんな力があったら良いな」

 

と思うものを聞いてみた時に

出て来たものだそうです。

 

子供は、誰かの命を救うような

大げさな願いの前に、

「イタイの」を無くして

欲しいのですね。

 

そして、映画は全編を通して、

カメラの視点を低くしています。

 

子供目線を意識して、

子供が自然と見られるように

考えられているのです。

 

このように、すべてにおいて、

「子供が楽しんでもらえるように」

作られた名作。

 

マダム・タッソーでE.T.に再会してから、

もう一度見たくなったんです。

 

まだ理解出来なくても、

翼にも見せてあげたいと思って。

 

そして・・・

 

途中で飽きて

寝てしまった息子の両脇で、

号泣してしまった私達夫婦。。

 

最近、涙腺がゆるくて困ります・・・。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: