■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ビジネスにおける真心と下心

2014年08月31日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

park20140831

 

愛は真ん中に心があるから真心、

恋は下に心があるから下心と言います。

 

オジサマが場末のスナックで

話すようなネタですけどね。

 

この、真心、下心の違いは、

 

「見返りを求めるかどうか」

 

だと思います。

 

そしてこれは、

ビジネスにおいても

大切な視点と言えるでしょう。

 

例えば、

収入や会社からの評価などの

自分の見返りばかりを求める、

下心丸出しの営業マンは、

もう二度と会いたくなくなりますね。

 

それどころか、会話を途中で

切り上げてしまうかもしれません。

 

一方で、相手の話を

親身になって真心で聞いてあげて、

全く見返りを求めないような

関係性を示す営業マンは、

どうでしょうか?

 

きっと、

その人が関わっている仕事に、

自然と興味が出るはずです。

 

そうして、こちらから、

もっと話を聞きたいと思い、

いつの間にか、

その方が販売しているものを

購入したりするものです。

 

または、

キャバ嬢と仲良くなりたいと、

下心丸出してキャバクラに通い詰めても、

大概は、その子の心を掴めず、

浪費になってしまうでしょう。

 

しかしながら、

ただ愛したいから

真心で愛を注ぎ続ける異性は、

見返りを求めなくても

愛をしっかりと返してくれますよね。

 

こう考えると、

 

「恋=下心」は「浪費」。

 

「愛=真心」は「投資」なのです。

 

恋愛とビジネスは酷似しています。

 

真心は、見返りを求めずに投資となり、

下心は、見返りを求めて浪費となるのです。

 

恋愛でも、ビジネスでも、

無駄な「浪費」をせずに、

資産を着実に形成する

「投資」をしていきたいですね。

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: