■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


複数分野の「マッシュアップ」で勝つ

2014年11月24日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa1123

 

オリンピックのメダリストは

日本人の100万人に1人、

ノーベル賞受賞者は

日本人の1000万人に1人です。

 

ある1つの分野で

突出した成果を出すことは

本当に大変なことですよね。

 

アーティストも、

スポーツ選手も、

お笑い芸人も、

その道1本で成功するには

類稀なる才能を持った上で、

茨の道を歩むことが求められます。

 

ビジネスも同じで、

1つの分野で勝負をしようと思うと、

すでに先行者が市場を牛耳っていたり、

新規参入の道が閉ざされているなどして

なかなか勝てないことが多いですね。

 

そこで意識したいのが、

2つ以上の分野の力を

掛け合わせることです。

 

アーティストでも、

「ROCK」と「HIP HOP」の

2つをマッシュアップさせて、

唯一無二のジャンルを構築することで

高い評価を得ることがあります。

 

あるいは、

お笑い芸人としてだけでは

際立った力を持っていなくても、

「占い」をすることが出来たり、

「クイズ」に強いことで、

人気が出るケースもありますね。

 

不動産の世界でも同じことが言えて、

「デザイナーズ」は在り来りですが、

それに、「防音」や「バイカー限定」など

もう1つの特性を掛け合わせることで

レアな大人気物件になり得ますよね。

 

1つの分野での能力は

「100人に1人」程度だったとしても、

もう1つの分野と掛け合わせることで、

「1/100×1/100」、つまり、

1万人に1人の逸材になれるということです。

 

これからの

「個人」の時代においては、

上記のように複数の分野の力を

マッシュアップすることが

他の誰でもない自分ブランドを

形成していくでしょう。

 

「自分には誇れるものなど無い」

と言う方でも、色々とお話を聞くと、

A、B、Cと強みが見えてきます。

 

そこで、A×B×Cという

新たなブランドデザインをすることで、

強い個性が出てくるのです。

 

1つの分野だけで勝とうとせず、

自分の強みをしっかりと

棚卸しして整理した上で、

それらを掛け合わせて強化することが

個人の時代で勝つコツですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【完全放置で不労所得を得る方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: