■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


青い鳥はすぐそばにいる

2013年07月18日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0718_2

 

「ここではない、どこかへ。」

そんな野望を持って、
理想を追い掛けるのは
素晴らしいことだと思います。

私もそうして、
人生を大きく変えて来ましたし、
これからも、そうしていくつもりです。

一方で、

「ここじゃない、
ここでもない・・・。
あそこならきっと・・・。」

と、転職を繰り返したり、
恋人を変えていく人は、
自分が追い掛けているのが
「理想」ではなく、
「幻想」かもしれないと
認識しましょう。

「青い鳥」の童話をご存知ですか?

むかしむかし、あるところに、
貧しい二人の子供がいました。

お兄さんの名前はチルチル、
妹の名前はミチル。

クリスマスの前の夜に、
二人の部屋に魔法使いのおばあさんが
やって来て言いました。

「わたしの孫の病気を治す為、
二人で、青い鳥を見つけてきておくれ」

二人は旅に出ます。

「思い出の国」、
「夜の御殿」、
「未来の国」、
「贅沢の御殿」、

色んなところで
あらゆることを学びながらも、
捕まえた青い鳥が
その場を出ると黒い鳥に
なってしまうのです。

「さあ、起きなさい。
今日はクリスマスですよ」

お母さんの呼ぶ声が聞こえました。

目を覚ますと、
二人は自分たちの部屋の
ベッドの中にいました。

青い鳥を探す旅は、
終わったのです。

チルチルとミチルは、
とうとう青い鳥をつかまえることが
出来ませんでした。

でも、チルチルとミチルが、
ふと鳥カゴを見ると、
中に青い羽根が
入っていたのです。

「そうか、ぼくたちの飼っていたハトが、
本当のの青い鳥だったんだ。
幸せの青い鳥は、
僕達の家にいたんだね」

魔法使いのおばあさんは二人に、
幸せはすぐそばにあっても、
なかなか気がつかないものだと
教えてくれたのですね。

情報過多の時代では、
青い鳥が色んな所に
いるように感じるかもしれません。

しかし、大切なのは、
目の前をしっかり見詰めること。

遠くを観る力と、
目の前を観る力。

両方のバランスを
大切にしなければいけませんね。

 

【無料】月収300万円メール講座

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: