■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


一所懸命の「ガラパゴス」

2015年01月06日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa20140105

 

アメリカのベンチャーキャピタルは、

過去に失敗の経験が無い人には

大きな投資をしません。

 

どれだけ才能があったとしても、

失敗や挫折を経験していない人間は

それを回避する「経験則」を

持ち合わせていないので、

投資は危険だという判断を下すのです。

 

一方、日本では、

一度でも失敗した過去があれば、

「ダメなヤツ」という

落伍者のレッテルを貼られ、

再起の道が閉ざされます。

 

同じ「失敗」でも、

日米ではこのように、

その捉え方が全く違います。

 

アメリカでは、

 

「これだけ痛い目にあったのだから、

 次は失敗しないだろう。」

 

として、プラスの評価材料にします。

 

二回、三回、失敗した起業家にも、

「よし、これで成功確率が上がった。

 次は頑張れよ!」

 

と、資金を出す人が

たくさんいる程です。

 

また、転職をする社員のことも、

自社の強力な社外ネットワークと捉えたり、

外で経験したことを再び

自社で役立てて欲しいと、

出戻りの再就職に前向きだったりします。

 

日本では、一度辞めた社員は

「敵」だという印象です。

 

「一所懸命」という言葉の通り、

同じ場所で頑張り続けるのが尊い、

という文化なのです。

 

日本はいつまで、

戦後の価値観に染まり、

ガラパゴスを生み出し続けて

いるのでしょうか。。

 

これからは、

日本の社会にも多様な価値観が

交じり合う時代がやってきます。

 

その時には、

豊富な失敗経験を積んだ人材こそが

重要視されるでしょう。

 

今現在、何らかの失敗をして、

日本社会で疎外感を味わっている方は、

チャンスです。

 

新たな価値観を日本に浸透させる為、

何度も立ち上がり、大きな結果を出すべく、

共に戦っていきましょう。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: