■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電車男 最終話~共に見た未来~

2013年04月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

画像 048

心を込めた弾き語り。

瞳を潤ませた彼女の姿に
私はぐっと距離が
近付いたのを感じました。

そしていつの間にか、
2人の会話から、
敬語が無くなっていました。

「遅くなっちゃうから、送るよ。」

「ありがとう。」

彼女の自宅に向かう車中で、
私は自分の夢を話しました。

母子家庭で感じた孤独。
再婚後に受けた虐待。

そんな経験から、
自分の傷を癒す為にも、
そして、同じように
傷付いた人達を勇気付け、
夢を与える為にも、
歌を歌っていきたい。

自己表現して、
誰かの心を癒したい。

だから、会社を、
近いうちに辞めようと
思っていると伝えました。

「電通」ブランドに
寄ってくる女性は、
こういう話をバカにします。

私は、そんな女性には
嫌気が差していました。

でも、彼女は絶対に違うと
信じていました。

そして、それを確認する為にも、
彼女の返事を待ったのです。

「自分らしく生きることが
一番大切だと思うよ。」

彼女の言葉に、
私は救われました。

電車で一目惚れした女性が、
私とこれまでの半生が近く、
人生のビジョンを共有出来る。

この奇跡に、
私は心を躍らせていました。

気付けば、
彼女の自宅の近くで
また1時間以上話していました。

時計は深夜3時過ぎ。

私は、いよいよ切り出しました。

「・・・付き合おう。」

彼女は、今度は目を逸らさず、
しっかり顔を見て答えてくれました。

「うん・・・。」

こうして、電車男の恋は実り、
2人が同じ道を歩んでいくことになります。

全8回にわたり
お届けした電車男シリーズは、
今回で最終回です。

大変多くのご反響を頂き、
色んなことを思い出しながら、
楽しく書き綴りました。

ありがとうございました☆

心から感謝しています^^

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

→ http://bit.ly/13MImVc

 
 
【「電車男」第1話~第7話】

<第1話>

http://on.fb.me/15JLluC

<第2話>

http://on.fb.me/15JLvCe

<第3話>

http://on.fb.me/10JwzoR

<第4話>

http://on.fb.me/YutOVk

<第5話>

http://on.fb.me/14U6zsc

<第6話>

http://on.fb.me/17EuwmM

<第7話>

http://on.fb.me/13CEMbT

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: