■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電車男 第3話~奇跡の再会~

2013年03月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

画像 004小

<第1話>

http://bit.ly/12hAFWl

<第2話>

http://bit.ly/Y4zDVf
「もしもし・・・」

「はい・・・」

「あっ、先日、
電車でお声掛けした者ですが・・・」

私は、かなり緊張していました。

この10日間、
彼女のことばかり考えていたので、
こうして電話で繋がれただけで
夢のような気持ちだったのです。

「先日は大変失礼なことをしました。
でも、あのようなことをしなければ、
こうしてお電話することも
出来なかったので・・・」

「はい・・・」

素っ気なかったです。。

何を話しても、空返事・・・。

一気に、玉砕した気分でした。。

でも、それはそうですよね。

電車の中で
いきなり携帯電話を取り上げられ、
勝手に赤外線で連絡先を盗んだ男。

電話に出てくれただけでも、
感謝しなければならないことです。

でも本当は、私の携帯は
彼女の電話帳に登録されていなく、
たまたま彼女がメールをしていた時に
知らない番号からの電話が来て、
「取ってしまった」というのが実情です。

「あのようなことをしてしまった僕と、
もう一度お会いして頂くことは
出来ませんか?」

「いや・・・・」

「お茶だけで構いません。
今週の土日、ご都合いかがですか?」

「ごめんなさい、予定があるので・・・」

「来週はいかがですか?
僕はもう一度お会い出来るなら、
いつでも調整します!」

「ごめんなさい、まだ分かりません・・・」

完全にかわされました。

でも、この電話で次の約束を逃すと、
二度と連絡が取れないと
察知していました。

「では、来週の土曜日、
15時にご自宅の近くまで
車でお迎えに行きます。
もしご都合が悪くなったら
キャンセルして頂いて構いません。
お会い出来ることを、
心から願ってますね。
電話に出て頂いて、
本当にありがとうございました。」

そう言って、電話は切りました。

もちろん、
会ってくれる保証はありません。

でも、私は、
信じるしかありませんでした。

奇跡を願うしかありませんでした。
そして当日・・・。

奇跡は起きました。

待ち合わせの交差点の角に、
彼女が現れたのです。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: