■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「P昇格」の弟と語った「テレビの未来」

2017年12月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


テレビ局に勤める弟の「誕生日」と、

「制作P(プロデューサー)昇格」をお祝いして、

家族で集まりました。

 

 

幼少期に「母子家庭」だった我が家の中で、

長男の私は、弟の父親的な役回りも担いたいと

接してきました。

 

ですから、弟にとっては迷惑かもしれませんが、

弟のことを、自分の「子供」のように

感じてしまうことがあります。

 

これまでの人生の中では、

一般的な「兄弟」、あるいは「親子」のように、

ぶつかることも多々ありましたが、

お互い社会人として成長した現在、こうして、

笑顔でお祝いできることを幸せに思います。

 

私は「慶應」で、弟は「早稲田」。

 

私は「電通」で、弟は「某テレビ局」。

 

歩んできた人生も「兄弟」のような私達は、

人生の「未来展望」を定期的に語り合います。

 

昨夜のメインテーマは、「テレビの未来」。

 

構造的には、テレビは苦しい状況にあります。

 

若い世代を中心としたテレビ離れは顕著で、

これまでの「10年間」と、これからの「10年間」は、

全く違う環境の中での「戦い」になるでしょう。

 

ただ、弟は、そのような中でも、

「テレビにできることはまだまだある」と、

制作現場でリーダーシップをとりながら、

次の時代を創っていこうと意気込んでいます。

 

AbemaTV」などの躍進も、

現時点では脅威だと思っていないそうで、

現場での改革を進めれば絶対に負けないと

力強く話していました。

 

私は、藤田社長の挑戦を応援していますし、

CA社が複数年の赤字を乗り越えて

Amebaブログを大成功させたように、

現在のAbemaTVの巨額の赤字を先行投資として

未来につなげることを期待しています。

 

次の大勝負は年末年始だと思いますが、

どのような番組編成を企画しているのか、

「挑戦者」の次の一手を楽しみにしています。

 

その一方、弟との見解が完全に一致したのは、

フジテレビが危機的な状況であること。

 

SMAP×SMAP」後番組の打ち切り、

「めちゃイケ」「みなおか」の終了、

完全に負の連鎖になっているフジテレビは、

いつ、止血ができるのか、、、

 

かつての王者が、プライドを捨てて

大胆な挑戦を仕掛けられるのか、要注目ですね。

 

なお、暴飲暴食&激務でお腹周りが気になる弟には、

プレゼントとして「シックスパッド」を選びました。

 

 

「来年の春頃には、バキバキのシックスパックを見せて!」

 

ロナウドのような肉体を目指して頑張ろうと、

お互い、いつまでも「挑戦」する心を忘れないよう

誓い合いました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: