■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日米の子育ての「差」とビジネスの力

2015年08月13日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0813

 

息子の保育園、幼稚園を選ぶために

インターナショナルスクールを含めて

複数の体験入園をさせて頂いています。

 

その中で、日米の子育てにおける

大きな「差」を発見しました。

 

アメリカ人と思われる親御さんは、

お迎えの時に、お子様に対して、

 

「excellent!」

 

「incredible!」

 

「very good!」

 

「great!」

 

「amazing!」

 

「fantastic!」

 

「perfect!」

 

と、ほめ言葉を連発しているのです。

 

それに対して、日本人の親御さんは、

 

「早く歩きなさい!」

 

「よそ見するんじゃない!」

 

「またお弁当残してるじゃない!」

 

など、しかること前提で

向き合っている方が多かったのです。

 

先生も、

アメリカ人の先生はとってもほめ上手でしたが、

日本人の先生は、ほめるということよりも、

しつけのために厳しい指導をしているような

印象を受けました。

 

もちろん、日本人でも

ほめて迎え入れている方もいらっしゃいましたし、

逆に、アメリカ人の方が、

厳しくしかっている様子も見ました。

 

しかし、

複数の先生や親御さんを総合すると、

アメリカ人は「ほめて」育て、

日本人は「しかって」育てる、、、

 

そう感じる程の差があったのです。

 

そして、この違いにこそ、

経済の中に見る日米の大きな差の

要因があると考えました。

 

ほめられて育った子は、

自分に自信を持って堂々と

意見を伝えられるようになるでしょう。

 

そうして、自分で道を切り拓く

リーダーが多数生まれているのが

現在のアメリカだと言えないでしょうか。

 

「謙遜」は日本が誇る文化ですが、

しかられて育った日本人の子は萎縮してしまい、

グローバル社会の中で

イニシアチブを取れません。

 

そして、だからこそ、

世界の中でどんどん取り残されているとも

考えられるのではないでしょうか。

 

グローバル化の流れは、

今後ますます加速していきます。

 

これまでのように、日本だけの中で

「以心伝心」「沈黙は金」

と安穏と生きてこられた時代は

終焉に向かわざるを得ません。

 

そのような中で、

強く逞しく生きるために、

息子にとって最善の環境を用意したい、、、

 

そう、真剣に考え始めています。

 

 

>先輩の親御さんの皆様

 

保育園、幼稚園選びの成功例、

失敗例がありましたら、

シェアして頂けると嬉しいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 山本 桂香

    子育ての違い すごくありますよね!

    最近の日本の子育ては 躾が悪いとよく言われます。
    親に 口答えする子も多いようです。

    長男は 両家にとって 初孫で 本当に大事に かわいがられて
    育ちました。

    親のいいところを 受け継いだような子で 利発で 明るい子でした。

    自信満々で 超有名幼稚園の3年保育に入り 意気揚々としていましたが
    若い先生は 廉人(れんと)は何を言っても大丈夫との 思い違いで
    あたりが強かったのでしょうか あるいは 正常に引っ越して 渋谷まで
    通うのが つらかったのか 年中組になるころから 馬事公苑を過ぎると
    おなかが痛いと言い出すようになり ちょっと心配する時期がありました。

    園長先生が気が付いて 接し方が変わって 自身が戻りました。
    しかも 慶応幼稚舎を受験して 失敗したとき お友だちは17名も合格!
    その時 僕のほうが ずっとできたのにと なぜ という始末。
    まあそれはそれ いろいろあります。 これは親の責任!
    頼むべきところに 頼まず 実力でという 私の父 KEIOオールドボーイの
    いうことを聞いた 私の責任 でお子供には わからない!
    私学だから いろいろあってしかるべき!!

    世田谷区立小学校から 4年生ごろから 学習塾と受験塾に自ら通うような子でした。
    中学受験で 慶応普通部 早稲田 駒場東邦と成功
    塾の先生に洗脳された息子は 東大 東工大への選択もあると 親の意に反して 駒東へ!

    結局大学は 慶応理工学部へ 涼君の先輩です。 現在ヤマハに・・・

    次男は キリスト教系の3年保育で 幼稚園はのびのびと しかし 長男の失敗もあって
    お受験の塾通いをしました。

    初等科から 成城学園に入り 彼にとって 素晴らしい学園生活を送ったと思います。
    幼児ヨットスクールに通い 4年生からは ラグビー 中等部では 松尾さん以来の
    全国優勝をし 高校では 100Mの学内記録と バレンタインにはモテモテの
    学生生活 キリンに就職しましたが 10年で独立 起業して 京橋に本社を置いて
    何とか家族を 養っているようです。

    初等教育としては 成城学園は 最高だと思います。
    子供の可能性を引き出す。
    自主性を持たせる。
    観察力を養う。
    日本語をしっかり教える。
    読み方 書き方 作文 話し方と 国語の時間が多い
    算数は 3年からでも 国語力があれば 1年で3年分マスターできる。

    普通の小学校と カリキュラムが 違う。

    制服はあるけれど 普段はジーンズの半ズボン 学校の野山で泥んこになって
    遊んでくる。 今都会の子供に 味わえない 良さがあると思います。

    今でも方針は変わっていないと思います。

    秋には 幼稚園から 大学までの 合同運動会もあって 楽しかったです。

    人を育てる教育と思います。

    24 8月, 2015 12:16 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: