■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ソフトバンク、全社員に「副業解禁」

2017年10月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

連日、数百億円から数千億円の出資話で

世界中を賑わせているソフトバンクが、

今度は、「副業解禁」を発表しました。

 

「本業に影響が無い」範囲で、

「会社の許可を得た場合」としていますので、

実は、至極当然のことでもあります。

 

本来、会社の外での活動は制限されるものではなく、

そこまで拘束されることの方が、異常です。

 

しかしながら、日本においては、

 

「会社に勤めること=会社の奴隷になること」

 

に近いような不文律が蔓延しており、

この悪しき文化をぶち壊すためには、

今回の「大企業ソフトバンク」の英断が

良いきっかけになると思います。

 

私達は、会社のために生まれてきたのではなく、

自分の人生を謳歌するために生まれてきたのです。

 

「自分の夢」と「会社の夢」が一致していれば、

人生を懸けて、会社の仕事を頑張れば良いでしょう。

 

しかし、もし、

会社の仕事をする中で「夢の不一致」を感じ、

その場所では思い描いた人生を歩めないならば、

潔く、その会社を離れるべきです。

 

たとえば、ソフトバンクから許可を得て、

副業でアプリを開発したり、何らかのプログラムで

他社に貢献した社員がいたとします。

 

そのビジネスが大成功して、本業の収入を超えた時は、

そちらの道で生きていくことも可能です。

 

ただ、もしその時に、孫さんから、

 

「君の会社に出資する。

 ソフトバンクグループの社長として、

 一緒に世界を変えていって欲しい。」

 

と言われたら、

その社員は、ソフトバンクの一員として

生き続ける道を選ぶかもしれません。

 

そして、孫さんは、その自信があるのだと思います。

 

一流の「投資家」として、社員の能力も最大化し、

ソフトバンクグループ全体の力を

底上げしていきたいのだと捉えています。

 

一方、もし私が、古巣の電通から、

 

「年収10億円を出すから、戻って来て欲しい」

 

と言われても、現時点では戻るつもりがありません。

 

私にとっては、家族とずっと一緒にいられる生活は、

お金に換算できない、プライスレスなものです。

 

ただ、仮に、育児が落ち着いた頃に、

 

「電通としても、個人の時代を到来させ、

 そのマーケティング周辺でビジネスを起こしたい」

 

とオファーを受けたら、

収入は関係無く、受ける可能性があります。

 

要は、社員は会社の奴隷では無く、

お互いに納得できる条件で契約した

平等な立場であるべきだ、ということです。

 

その当たり前のフラットな関係が、

今回のソフトバンクの決断をきっかけに

日本社会に拡がっていくことを願っています。

 

そして、私自身は、引き続き、

組織に依存しない生き方の啓蒙活動を続け、

会社の奴隷に陥り、苦しんでしまっている方を

救っていきたいと思います。

 

追伸;

 

本日は、カフェでくつろぐ妻と娘の写真です!

 

 

毎日、朝から晩までこの景色が見られる生活、

今は絶対に手放したくありません^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: