■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻の育休申請のワケ(仕事と家庭のバランス)

2016年07月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0714

 

妻の産休期間が終了し、夫婦で協議した結果、

このまま、育休に入ってもらうことにしました。

 

インターネットを活用するビジネスは、

育児をしながら、在宅で行うことが可能です。

 

ですから、妻も、産休明けには

ビジネスの再開を望んでいましたし、

私も、自宅にいながら社会復帰をして、

社会と繋がる機会を創ってあげたいと思っていました。

 

しかしながら、まだ2ヶ月の娘と、

やんちゃ盛りの3歳半の息子という

2人の子育ての合間に、「片手間」で仕事をするのは、

お客様に失礼だと感じました。

 

物販であれ、アフィリエイトであれ、

その他どんな個人でできるビジネスであっても、

私達にお金をお支払いいただく

お客様がいらっしゃいます。

 

そのお客様にご満足いただけるよう、

目の前の仕事を全うするためには、

それだけの「情熱」と「時間」が

絶対的に必要だと感じたのです。

 

それを100%実現できない環境であれば、

妻のビジネスの再開は延期するべきだと、

2人で合意いたしました。

 

家事をアウトソースしたり、

保育園や幼稚園などに子供達を預ければ、

子育てとビジネスの両立も可能でしょう。

 

実際に、子育てを誰かに助けてもらいながら、

インターネットビジネスで月収100万円以上を得る

主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

 

私も、妻にそのような形で活躍してもらい、

日本の多くの主婦の方に、新たな収入源のチャンスを

ご提供していきたいという思いもありました。

 

しかし、いざ2人の子供と一緒の生活をすると、

どうしても、このまま成長を見守り続けたい、

もうしばらくは、この子達と離れたくない、、、

という思いの方が大きくなりました。

 

それは、私達夫婦がそれぞれ、

片親で育つという幼少期を過ごしていて、

そこに少なからず寂しさを抱えてきたからでしょう。

 

私が会社員のままだったなら、

今のように子育てを手伝うことは

とても難しかったでしょうし、

主婦が在宅で収入を得るという知恵も

持っていなかったと思いますから、

このような選択肢を持てていること自体が、

本当に幸せなことだと感じます。

 

また、育休期間は最大3年間、

社会保険料が免除され、健康保険料はゼロ、

厚生年金もゼロでありながら、産休前の標準月額報酬で

自動的に年金が積み立てられるというのも、

本当に有難い制度ですね。

(年金破綻の問題もあるので、もらえたらラッキーという認識ですが、、、)

 

家族のために、

 

1円でも多く稼ぐ!」

 

なのか、

 

1秒でも長く一緒にいる!」

 

なのか、

夫婦でしっかり話し合いながら、

人生の中での仕事のバランスを

しっかり考えていきたいですね。

 

私は、お金よりも時間の方が

圧倒的に貴重だと考えますので、

その貴重な時間を、惜しげもなく家族に捧げることを

最高の贅沢だと感じ、それができている現在の環境に、

心から、感謝しております。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 竹澤

    時間とお金、間違いなく時間を選びたいです!
    しかし、お金あってこその時間でもあるので、バランスって難しいですね!

    19 7月, 2016 12:12 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: