■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


第2の母・祖母が旅立ちました

2022年11月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

6月末から入院していた祖母が、

昨日、天に旅立ってしまいました。

 

母子家庭だった私にとって、

母が仕事で自宅にいない時にも、

私と弟を守り、愛を注ぎ続けてくれた、

偉大な祖母です。

 

ですから、

母の母親という遠い存在ではなく、

私の大切な母が、もう1人、

私を育ててくれたと感じています。

 

「人生は、愛が全てよ」

 

そう教え続けてくれた、第2の母。

 

そんな、大切な人とのお別れでした。

 

6月末の入院当時から、

 

「いつ亡くなっても

 おかしくはない状況なので、

 覚悟してください」

 

と医師に言われていました。

 

その後、7月の神戸、8月の妻の入院、

9月のスイス・大阪・名古屋、

10月の鹿児島・宮崎、、、

 

私や家族が東京を離れる度に、

 

「今、急変しませんように・・・」

 

と願ってきました。

 

先月は、私の弟も、

フランスに行っていました。

 

そして、家族それぞれが、

日本や東京から離れる予定を終え、

改めて東京に再集結し、

いつでも駆け付けられるタイミングで、

祖母が旅立ちの時を迎えました。

 

コロナ禍で面会禁止と言われていましたが、

一昨日から、危篤となって

特別に面会をすることができて、

母は、隣に泊まることも許されました。

 

覚悟していたとはいえ、

呼吸が止まり、心臓が止まってしまって、

ピーという大きな電子音が鳴り響く病室は、

胸が張り裂けそうになりました。

 

号泣する私達を見て、子ども達は驚き、

とても不安そうにしていましたが、

その後に状況を理解してくれて、

命の大切さ、有り難さを、

祖母が教えてくれたと、感謝しています。

 

「もっと一緒にいたかった」

 

「もっとお話ししたかった」

 

「もっと色んなところに連れて行きたかった」

 

そんな感情も湧き起こりますが、

心を温めてくれる祖母との

素敵な思い出を胸に、

目の前の家族や仲間との時間を

より大切にしていきたいと思います。

 

ご心配やご迷惑をお掛けした皆様、

申し訳ございませんでした。

 

妻にプロポーズする直前、

私の生まれた街を妻に見せたいと

妻を連れて行った鹿児島旅行で、

祖母と妻と3人で、雄大な桜島や

私が卒業した小学校などを観光した時の

写真を掲載します。

 

 

 

深い人間愛を大切にする祖母も、

 

「こんなに素敵なみほちゃんとなら、

 幸せな結婚ができるね!」

 

と、太鼓判を押してくれた旅となりました。

 

尊敬する祖母にも認めてもらえたからこそ、

私は妻と結婚することを決意して、

現在、妻とこうして、幸せな家庭を

築くことができています。

 

おばあちゃん、ありがとう!

 

祖母の愛に、改めて感謝しています。

 

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: