■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


幸せを招く「プライドのベクトル」

2015年10月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「プライド」には、己の心に向かうものと、

他人の心に向かうものがあります。

 

自らの可能性を信じて、自己を鼓舞する

「エンジン」となり得るのが、前者です。

 

一方で、他人との関係性において、

自分が優位に立ちたいという

「見栄」に過ぎないのが、後者です。

 

誰もがその両面を持っていて、

それらのバランスにより、

個人の特性が決まります。

 

私も両方を併せ持っていますが、

「見栄」の方は、極力減らすように

意識しています。

 

他人を見ていて、

極端に「見栄」に傾いた方を

見苦しいと感じてしまうので、

その姿を反面教師にしているのです。

 

「見栄」が大きい方は、

自分が相手より上だと

勘違いしてしまっているので、

タクシーの運転手さんとか、

飲食店の店員さんに対して、

横暴な態度を取ることが多いです。

 

年下や後輩だと分かった途端、

当然のようにタメ口になるのも

このタイプの方ですね。

 

また、仲間と共通の敵を作り、

その敵を否定することで、

自らの安心を得ようとします。

 

ところが、

自分は誰かを見下しているのに、

反対に誰かに見下されると、

凄い勢いで逆上してしまいます。

 

残念ながら、他人の言動により、

自分の感情が支配されている

ということですね。

 

このような外向きのプライドは、

無駄でしかありません。

 

人生を台無しにする程の

無駄な感情だと捉えています。

 

ですから、私達は、

外向きのプライドを削ぎ落とし、

内向きのプライドを大事にするべきです。

 

それが出来るようになると、

すべてのことから学ぼうという

意識が持てるようになります。

 

そして、その姿勢こそが、幸せを招くのです。

 

あなたも、自分の心を見つめて、

プライドのベクトルを

確認してみて下さい。

 

もし、外に傾き過ぎていたら、

この機会に、軌道修正して下さいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: