■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「整形」意識の変化と、その未来

2018年01月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

娘が突然、「二重まぶた」になりました。

 

 

一重まぶたでも十分に可愛かったのですが、

こうして、二重になると、さらに、

愛くるしい顔になったと感じます。

 

そして、同時に、

急速に日本社会に拡がる「整形」に関しても、

様々なことを考えます。

 

高須クリニックの高須克弥院長は、

現在72歳でありながら、自ら整形の広告塔になり、

若々しいルックスを維持しています。

 

その一方で、7年前に奥様を亡くした後、

交際をしている漫画家・西原理恵子さんが

整形することを望んでも、決して認めないと言います。

 

「人は欠損に恋をする。

 

 黄金比でないもの、弱いもの、足りてないもの、

 人はそれを見た時、本気で補ってあげようとする。

 

 その弱さや未熟さを自分だけが理解していると思う。

 欠損の理解者になるのです。」

 

整形を望む声に応えるビジネスを展開し、

その施術を自ら、率先して受けながらも、

本音を隠さない姿勢は、素晴らしいと思います。

 

ビジネスのことだけを考えれば、

西原さんのビフォーアフターを示すことで

それもまた良い広告になるでしょう。

 

しかしながら、安易にそれを選ばず、

別の視点の価値観を提供することによって、

社会の整形に対する視野を

拡げてくれているように感じます。

 

東芝が降板方向の

「サザエさん」のスポンサーとして

いち早く名乗りを上げるなど、

広告への意識が高い高須院長。

 

積極的な広告活動の延長線上に、今後、

日本の整形文化をどう創造していくのか、

要注目ですね。

 

さて、娘のまぶたの変化を見ながら、

妻と整形に関して話したところ、

 

「親から推奨することは無いが、

 本人が望むのであれば、否定はしない。」

 

「ただ、顔が美しいことよりも、

 心が美しいことが大前提。」

 

と、ほぼ意見が一致しました。

 

一昔前は、

 

「親からいただいた身体に 

 メスを入れて変形させるなんて有り得ない」

 

という価値観を、多くの方が持っていました。

 

私も、少なからずそのような思いもありますが、

それは親のエゴかもしれないという思いを、

共に抱えます。

 

人それぞれに様々なコンプレックスがあり、

それが少しでも解消されて前向きに生きられるなら、

全否定はできないと思うからです。

 

子供達が大人になる頃には、

「整形が当たり前」の時代になるのか、

あるいは、それとは違う未来が待っているのか。

 

子供達の「天然」の顔の変化を見つめつつ、同時に、

社会の価値観の変化も、敏感に感じ取りたいと思います。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: