■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「明日のために負ける」思考

2022年12月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

今年のW杯は大興奮の連続で、

アルゼンチン優勝に感動しつつ、

寝不足の朝を迎えている方も

多いと思います。

 

私もその1人で、スポーツと言えば、

バスケを愛していたのですが、

サッカーが大好きになりました。

 

さて、ベスト16で敗退の日本は、

1次リーグで2勝し、PK戦での負けは

引き分け扱いとなることもあって、

決勝トーナメント1回戦で敗れた

8か国の中では、トップの9位、

という結果でした。

 

悲願のベスト8は1歩届かずでしたが、

この「負け」を、明日に繋げる思考が、

とても大切だと感じます。

 

サッカーだけではなく、

私達の中で繰り返される闘いの中で、

毎日、勝ち続けることはできません。

 

勝つ時もあれば、負ける時もある。

 

ここで大事にしたいのは、

負けた時です。

 

勝ち目が無いからと、

本気を出さずに勝負したならば、

その負けには価値がありません。

 

どれだけ劣勢でも、全力で向き合って、

ベストを尽くした上で負けたなら、

その負けは必ず、明日に繋がります。

 

負けても恥ずかしく無い試合を

続けていくことが大切なのです。

 

そして、勝つことばかりを考えて

テクニックに走ったり、

ノウハウばかりを

頭に詰め込むのではなく、

闘う気持ちをしっかり持ち、

挑み続けることが必要です。

 

大切なのは、

負けを恐れない心構えです。

 

大人になると、

恐怖心やプライドが

大きくなってしまいます。

 

でも、今日の勝ち負けにこだわらず、

もっと上を目指して闘うべきですね。

 

時には、明日のために

今日、負けても良いと感じます。

 

1度も負けたことの無い人は、

負けを喫した時に、脆いものです。

 

逆に、山のように負けてきた人こそ、

勝つ喜びを知っているのです。

 

負けても負けても、

闘い続けた人こそが、

本当に強い人間になり得ます。

 

ベスト8が叶わなかった日本も、

決勝で負けてしまったフランスも、

この負けを、未来の勝ちに

繋げる努力をし続けるでしょう。

 

その姿勢を見習いながら、

私達も闘い続けていきたいですね。

 

追伸;

 

今日の写真は、the 3rd Burgerで

美味しいハンバーガーや

十五穀米プレートを楽しむ私達です。

 

 

昨夜、決勝戦を一緒に観戦した息子は、

 

「W杯に出て、パパを招待するね!」

 

と言ってくれました。

 

泣かせてくれるなあ、我が息子!!

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: