■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


テクノロジーを「利用」する先回り思考

2016年03月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0327

 

 

「飛行機の実現までには百万年かかる」

ニューヨーク・タイムズがこの記事を掲載した数週間後、

ライト兄弟が人類で初めて空を飛びました。

 

「宇宙船なんて夢のまた夢だ」

というのが、一流紙のジャーナリストだけではなく、

国民一般の考え方だったのですが、

テクノロジーの進化は誰にも予想できませんでした。

 

現代でも、私達は未来を見誤ります。

例えば、多くの人が手に持っているiPhoneは、

「おサイフケータイが使えないからダメ」、

「赤外線が無いのは有り得ない」、

という意見が大多数でした。

 

また、

「実名・顔出しのFacebookは流行らない」

と誰もが言っていましたが、現時点で、

Facebookの日本国内ユーザーは2400万人を超え、

時価総額は日本No.1のトヨタ自動車を超え、

30兆円を突破しています。

 

一方で、約10年前、電通において、

当時アメリカで大流行した

「セカンドライフ」を取り込むために、

特別部署が設けられました。

 

日常生活の行動がすべて

インターネット上で行われるようになるという未来に、

社内だけではなく、多くのメディアも興奮していました。

 

しかし、セカンドライフを動かすためには、

特別なソフトウェアをインストールする必要があり、

当時のパソコンのスペックでは無理がありました。

 

そうして、多くの人の期待に反し、

セカンドライフは消えていったのです。

 

つまり、現在の景色という「点」からは、

未来のことは誰も予測できないということです。

 

そして、テクノロジーの進化は、

誰にも予想できず進展するし、

期待以上に進まないことさえあるということです。

 

半年前、私の自宅近くのスーパーで

いつも笑顔で声を掛けてくれる方が、

「セルフレジ」の登場によって

いなくなってしまったという話をしました。

 

その際、テクノロジーの発展は、

街中から笑顔を奪い、心を奪っている

というネガティブな感情も持ち合わせましたが、

現在は、この変化は受け止めざるを得ないと

考えています。

 

仕事を与えられるという認識のままでいたら、

これからの時代では職を奪われるでしょう。

 

セルフレジに仕事を奪われた彼女も、

あの温かいお人柄を発揮し、

テクノロジーを活用する側にまわれば、

もっと多くの人に幸せを届けて、

ご自分の収入も上げられる環境を作れます。

 

ビジネスを何かに「依存」するのではなく、

「主体的に」創り出していくことが

誰にも求められているのですよね

テクノロジーを開発するのは

とても大変なことですが、

「利用」することは、誰もができることです。

 

そうして、未来を少しずつ先取りしながら、

激変の時代を生き抜いていくことが

万人に求められている時代であるということを

私達は強く認識したいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: