■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


タイ在住「コスプレイヤー」との銀座ランチ

2017年03月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

現在、「エニアグラム心理学」のプロジェクトを

一緒に進めているパートナーの木村龍星さんと、

エニアグラムのセッションを受けていらっしゃる

タイご在住の鷹村アオイさんと一緒に、

銀座でランチをしてきました。

 

 

私達はそれぞれ、「湘南」、「タイ」、「世田谷」と、

離れた場所に住んでいますが、

インターネットによって出会うことができて、

こうして、銀座に集結することができています。

 

国境を越えて、人と人がつながっていくことに、

改めて、感動せずにはいられません。

 

このようなことは、今や、

「当たり前」に感じてしまうこともありますが、

間違いなく、現代の文明が与えてくれた「奇跡」です。

 

この奇跡の出会いに、改めて、

感謝したいと思います。

 

鷹村さんは、20年もの間、

コスプレで「自己表現」をしてきました。

 

ワンピース・ハンコックのコスプレの完成度など、

完全に「芸術」レベルで、タイからの彼女の情報発信に

多くの方が影響を受けています。

 

コスプレと言うと、

まだまだアンダーグラウンドだと

感じる方も多いかもしれません。

 

しかしながら、私は、

世界に誇るべき「日本の文化」だと思います。

 

「歌舞伎」も、X JAPANなどの「ヴィジュアル系」も、

そして、「コスプレ」も、日本が独自に生んだ、

美しく着飾る、素晴らしい日本文化だと捉えているのです。

 

実際に、「歌舞伎」も、「ヴィジュアル系」も、

「コスプレ」も、現代では海外の多くの国の方々に

愛していただいています。

 

日本人として、海外から高い評価を得ることは

とても幸せなことですよね。

 

鷹村さんは、エニアグラムのタイプ3・ウィング4で、

たくさんの方を「動機付け」ながら、

とても素敵な「自己表現」をすることができる、

稀有な方です。

 

日本の、画一的に染め上げてしまうような

「学校教育」を問題視されていて、

それぞれが生まれ持った「個性」が

全く発揮できていないことを

大変残念に感じていらっしゃいます。

 

私も、全く同じ思いを持っています。

 

そして、だからこそ、

それぞれが「生まれてきた使命」を知り、

信念を貫いて生きていくためにも、

エニアグラムを学び続けることが大切だと考えています。

 

全員を同じ「ロボット」のように

コントロールしてしまう時代は、もう終了です。

 

これからは、誰もが、「生きやすい生き方」で

人生をエンジョイしていくべきです。

 

41歳で2児の母でありながら、

 

「コスプレは一番のアンチエイジング!」

 

と語る、鷹村アオイさんの生き様を、

是非、ご覧くださいね!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: