■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


藤沢涼の「始まり」と「終わり」

2024年01月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

私が情報発信を始めた12年前、

その初期の文章では、

 

「大企業の時代が終わり、

 個人の時代が始まる」

 

という旗を、掲げ続けました。

 

電通には、悪しき文化があり、

決して幸せな会社人生では

無かったということ。

 

良い大学を卒業して、

良い会社に勤めるという

旧来型の成功には、

落とし穴があること。

 

インターネットの発展が、

多くの個人に、自由と富を

もたらしてくれること。

 

これらを、私の言葉で、

綴り続けました。

 

当時、私の記事は、

 

「出世できなかった

 負け犬野郎の遠吠え」

 

「お世話になった会社の顔に

 泥を塗る非常識な人間」

 

などと揶揄され、

批判されました。

 

しかしながら、その後、

電通で過労死事件や

東京五輪賄賂事件があり、

バカにされていた私の発信は、

正しかったのだと証明されました。

 

マスコミに声を求められ、

テレビに出演することも増えました。

 

これらが、発信の主な目的であり、

その成果でした。

 

一方で、私の発信の根源的な欲求は、

実の父に捨てられて、2番目の父から、

虐待を受けたことです。

 

これらの経験により、

自己承認欲求が高まった私は、

自分をもっと知って欲しい、

認めて欲しいという、

強い思いを持っています。

 

だからこそ、約12年、

毎日、書き続けられたのです。

 

私にとって、一番辛かったのが、

小学校5年生の後半から、

高校1年生までの5年間です。

 

これから、息子がまさに、

その時期に入ります。

 

だからこそ、私は何よりも、

息子との時間を大切にし、

多感になる時期に常に隣にいて、

息子の心に寄り添うために、

発信を終えようとしています。

 

実の父に捨てられたからこそ、

私の発信が始まり、

息子が当時の私と同じ年齢になり、

私の発信が終わるのです。

 

今日も、私は息子と2人で

焼肉デートをして、

人生を語り合いました。

 

引退したら、このような時間を

さらに深く、豊かなものにして、

充実した人生にしていきます。

 

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: