■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「母に感謝する日」子どもに継承

2023年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

日本は、あらゆる文化を取り入れ、

多くの記念日を設けています。

 

・バレンタインデー

 

・ホワイトデー

 

・子どもの日

 

・母の日

 

・父の日

 

・ハロウィン

 

・クリスマス

 

・土曜丑の日

 

・節分

 

・七夕

 

・お月見

 

これらの大半は、

企業や団体が中心となり

キャンペーンを仕掛けている

「記念日マーケティング」です。

 

消費行動を促す為の

販促キャンペーンだということですね。

 

しかし、だからと言って、

 

「その策には乗らないぞ」

 

と、全く無視してしまうのは

寂しいと感じます。

 

踊る阿呆に見る阿呆。

同じ阿呆なら踊らにゃ損々。

 

どうせなら、

与えていただいた機会に感謝し、

そのイベントを楽しむ方が、

人生を豊かにすると思うのです。

 

「母の日」は、日本では

森永製菓がキャンペーンをして、

広めていったそうです。

 

元々は、諸説ありますが、

アメリカのフィラデルフィアに住む

少女アンナが、母の死に遭遇した際に

母が好きだったカーネーションを

祭壇に飾ったことから、

母に感謝の印として

カーネーションを贈る習慣が

できたそうですね。

 

そして、アメリカ全土に広がり、

日本にも伝わって来た際、

森永製菓が、

 

「森永 母の日大会」

 

を設立し、全国に広めたそうです。

 

記念日マーケティングで、

金を儲けやがって・・・

 

などと穿った見方をせずに、

どの企業がどういう展開で

広めていったのか、

その起源を学びながら、

ビジネスの視点を鍛えることの方が

よほど価値がありますね。

 

今年は、両親が週末から旅行するので、

少し早めに、妻の手作りフラワーリースと、

ピンク色の綺麗なカーネーションケーキを

母にプレゼントしました!

 


 

母への感謝を子ども達にも継承し、

愛の連鎖を起こしたいです^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: