■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「保証」を求める「弱さ」から脱却

2023年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

人生とは、轍さえない道を歩むようなもので、

「一寸先は闇」だと捉えるべきだと思います。

 

その闇の中を、それぞれの経験を踏まえ、

次の一歩を見付け出して進んで行く人が、

大きなことを成し遂げられるのです。

 

しかしながら、多くの人は、

誰かが先に歩んでいる道を進み、

ちっぽけな安心を手にしようとします。

 

時代の流れの中で、

多くの人が歩んでいる道でさえも

決して安全ではないと理解しても、

常識や世間の価値観の中に、

「保証」を求めてしまうのです。

 

そして、それと同時に、

生存本能の強さを失っています。

 

たとえば、アマゾンの

ジャングルで暮らす人と、

都会で暮らす人が、

同じ自然災害に脅かされた時、

どちらが生き延びられるかを想像すると

分かりやすいと思います。

 

私達は、人間以外の動物を排除し、

科学や技術に頼り、同じ人間だけの

コミュニティーに安住することで

逆に、生きる力を失っているのです。

 

つまり、保証を求めるということは、

自分の弱さを露呈しているようなものです。

 

もちろん、多くの人が弱いことを、

私は良く知っています。

 

私自身、起業を志してから12年以上、

退社に踏み切れなかったのも、

私の弱さが故だと自覚しています。

 

ところが、人生を変えるためには、

その「弱い自分」と

決別しなければいけません。

 

100%勝つ保証が無くても、

自ら茨の道を歩んで行く強さを

身に付けなければいけません。

 

そして、人は弱いものだからこそ、

先を進む勇敢な人に鼓舞された人が、

自然と、先人の仲間となり、

支援するために集まってきます。

 

そうして、その輪が大きくなった時、

1人の力で決してできないような

とてつも無く大きなことが実現できるのです。

 

大企業が変化に弱いのは、

失敗の責任を取れる人がいないからです。

 

保証を求めて集まった人材の中に、

ジャングルで生きられる人はいません。

 

私達は、自分の弱さを認め、

その弱い自分を少しずつ追い出し、

果敢に挑戦する心を

磨いていかなければいけません。

 

それができれば、

ピンチに見える現況は、

大きなチャンスに溢れていると

気が付くはずですね。

 

追伸;

 

妻と子ども達は、妻の実家に行って、

近くの湯檜曽駅へ!

 

 

 

古い駅は、生存本能を鍛えられそうな空間です!

 

私は、大切な撮影のお仕事があって、

久しぶりの1人暮らしで寂しいですが、

家族を支えるためにも頑張ります^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: