■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


怠け者の「舌」だけは、怠けない

2017年02月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

何をやっても上手くいかない人は、

自分の「能力」や「性格」に原因を求めます。

 

しかしながら、ほとんどの場合、

それは「持続性の欠如」、つまり、

「怠け心」のなせる業です。

 

何にトライするにしても、

ずっと平坦な道であることは有り得ません。

 

山があって、谷があって、

川があって、ぬかるんだ地面があって、

時には、蛇が出たり、雨が降ったりします。

 

その度に、私達は試されるのです。

 

人は本能的にラクなことを求めて、

辛いこと、苦しいことを避けて生きます。

 

そうして、安心できる出発地点に戻り、

また、何も変わらない人生を歩み続けます。

 

以前は、その出発地点が時代に守られていました。

 

1つの会社に入社した時点で、一生が安泰でした。

誰もが、安全基地に留まることがことができました。

 

しかしながら、現代は、私達を守ってくれません。

 

自ら動き出さなければ、

安全基地であるはずの出発地点が、

近い未来に脅かされます。

 

人によっては、すでに脅かされていたり、

もう、破壊されていたりする訳です。

 

ですから、現代に生きる私達は、

誰もが、自分の意志で動き出さなければいけません。

 

それなのに、ちょっとした障害を、

「大きな壁」のように扱ってしまう「怠け心」のせいで、

人生が前に進まない方が多くいらっしゃいます。

 

これを克服するためのコツは、

試練を「ゲーム」だと楽しむことです。

 

子供達と散歩している時もそうです。

 

今朝も、息子の絵本を借りるために、

わざわざ、かなり遠くの図書館に来ました。

 

すると、その途中に素敵なカフェが見付かりました。

 

ラクして、近くの図書館で済ませようとしたら、

この出会いはなかったのです。

 

わざわざ遠くまで足を運び、

その過程の道の起伏や行き止まりなどの

「障害」をゲームのように楽しんで乗り越えた先に、

素敵な思い出を刻むことができました。

 

時には、急に表れる状況の変化もあります。

 

突然の嵐などです。

 

その時も、すぐに「中断」するのではなく、

「断続」する道を選ぶことが大切です。

 

一時的に中断を余儀なくされたとしても、

柔軟に事実を受け入れて、その嵐が過ぎ去った時、

また再開していけば良いのです。

 

どんな嵐も、いつかは去っていくので、

重要なのは、「完全にやめる」という

選択肢を取らないことですね。

 

ここに、古人の面白い言葉があります。

 

 怠け者の「舌」だけは、怠けない

 

人はつい、怠ける言い訳ばかりを言ってしまいます。

 

でも、その言い訳が、

人生を変えてくれることはありません。

 

自分の力で一歩でも前進できるように、

常に、身体も頭も動かして、歩み続けたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: