■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


落とした財布が「高確率」で戻ってくる方法

2017年07月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

息子と一緒に「てるてる坊主」を作って、

外でサッカーができるようにお祈りしました。

 

朝から快晴の空を見て、息子も大喜びで、

こうして、「願えば叶う」ことを、

一緒に体感しています。

 

もちろん、このようなことは、

科学では証明できないことであり、

実際に「降水確率」を変えることは

難しいことですが、その一方で、

 

「落とした財布が戻ってくる確率を変えること」

 

が、科学で証明されていることを、

英国ハートフォードシャー大学教授の

リチャード・ワイズマン博士が

 

「その科学が成功を決める」

 

という書籍で公開しています。

 

ワイズマン博士は、240個の財布を買って、

宝くじ、割引チケット、メンバーズカードなど、

ありふれたものを入れました。

 

それに加えて、40個ずつ6組に分けて、

中に別々のものを入れました。

 

その結果、中に入れたものによって、

財布が手元に戻ってくる確率が

全く違ったということです。

 

その結果は、

 

・何も入れない 6%

 

・慈善事業に寄付したカード 8%

 

・穏やかな老夫婦の写真 11%

 

・可愛い子犬の写真 19%

 

・幸せな家族の写真 21%

 

・笑っている赤ちゃんの写真 35%

 

赤ちゃんの写真を入れた財布が、

高確率で返ってきたのです。

 

オックスフォード大学の研究でも、

大人が赤ちゃんの顔を見た時、

7分の1秒で、目のすぐ後ろにある脳の部位、

「内側前頭眼窩皮質」が反応することを

発表しています。

 

この部位は、宝くじに当たったり、

大きなチョコレートをもらった時などに

瞬間的に反応するところです。

 

脳科学者たちは、

 

「種の存続のため、

 無力で無防備な幼児を見ると、

 良い気持ちになり、助けたくなるよう、

 私達は長い月日をかけて培われてきた」

 

と分析しています。

 

だからこそ、落し物の財布の中に

赤ちゃんの顔写真があった時、

 

「助けてあげたい」

 

という感情になるのですね。

 

社会の中には、科学的に証明できる成功と、

科学的には証明できない成功があります。

 

それぞれを息子と楽しみながら、

様々なことを、親子で一緒に

学んでいきたいと考えています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: