■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「えんとつ町のプペル」初日舞台挨拶

2020年12月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

今年は、クリスマス当日も働く気満々で、

ビジネスパートナーの皆様に、

 

「クリスマスでもご遠慮なく、

 ミーティング等のアポを

 どんどん入れてくださいね!」

 

と申し上げていたのですが、

夕方以降にはアポが入らず、

時間を取ることができました。

 

そこで、気になっていた映画

 

「えんとつ町のプペル」

 

を、家族4人で観に行ってきました。

 

 

二子玉で観たのですが、

六本木で開催された「初日舞台挨拶」も

同時中継される回です。

 

 

当日の席予約で、

しかも、直前だったのですが、

空席が40%程度ありました。

 

明日から4Dが解禁され、

過去最高の興行成績がほぼ確定の

「鬼滅の刃」の勢いに比べると、

スロースタートな印象です。

 

でも、私は、

 

「夢を語れば叩かれるこの世界を

 終わらせに来た」

 

と語ったキングコングの西野亮廣さんの姿勢に、

とても感動しました。

 

「挑戦する人に『無理だ』と言うのは簡単です。

 

 挑戦する人を笑って、

 行動する人を叩くのは簡単です。

 

 でもそれをやって何が生まれるのか。

 

 僕はこんな世界全然ドキドキしないし、

 僕が夢見た未来はこんなんじゃなかった」

 

私も、全く同じ気持ちを持っています。

 

だからこそ、

電通を退社して自由と富を個人で得て、

同じように自由と富を手にする個人を量産するため、

挑戦を続けているのです。

 

私のように、

人生において挑戦を諦めていない人は、

この映画「えんとつ町のプペル」をご覧になれば、

きっと感動すると思います。

 

「信じれば、世界は変わる」

 

未来に向かって大きな勇気をいただいた、

素敵なクリスマスプレゼントになりました。

 

追伸;

 

映画館での様子をアップしました!

 

 

子ども達は、「プペル」ではなく、

「鬼滅」グッズを持っての鑑賞でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼の2021年「年収1,000万円以上」プロジェクト

 

2021年に「年収1,000万円以上」を達成し、

人生を大きく変えたいのであれば、

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りください。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: