■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「名探偵コナン」VS「ドラえもん」

2018年05月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

渋谷TOEIでの息子と2人の映画鑑賞が

とても楽しかったので、「今日も行こう!」と、

2日連続で、今度は二子玉109シネマズに行きました。

 

「ドラえもん のび太の宝島」の次に選んだのは、

「名探偵コナン ゼロの執行人」。

 

2017年の邦画興行収入ランキングでは、

 

1位:「名探偵コナン 紅の恋歌」69億円

 

2位:「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」44億円

 

と、見事にTOP2を飾る、2大アニメ映画です。

 

会場では、ファン層の厚さに大変驚きました。

「ドラえもん」は、事前に予想した通り、

3-10歳くらいの子どもと、

その親御さんが大半でした。

 

それに対して、「コナン」は、親子だけではなく、

男女カップル、男性ペア、女性ペアなど様々な方がいて、

特に驚いたのは、10代~20代と思われる男女が

とても多かったことです。

 

私達の席の後ろの女性たちは、映画が終わった後、

 

「安室さん、マジかっこ良過ぎ!」

 (安室さん:今回の主人公でパンフレットの金髪男性)

 

 

とキャーキャー絶叫していて、それはまるで、

ジャニーズやEXILEなどのコンサート会場と

見紛うような光景でした。w

 

登場人物それぞれのキャラクターを

しっかり描いていくことによって、

これだけ幅広い層のファンができるのだと

大変勉強になりました。

 

私個人的には、

父と息子の愛を描いた脚本にとても感動したこともあり

「ドラえもん」の方に軍配を上げたいですが、

「コナン」も、「公安警察」に切り込むという

大人でも楽しめるストーリー展開で、さすが、

昨年No.1の実力ですね。

 

現代は、「体験」が重んじられると言われます。

 

実際に、モノで得られる喜びは、

モノ余りの中で小さくなっていて、

誰かと一緒に何かを体験することにこそ、

価値を感じる社会だと思います。

 

私が息子と一緒に映画を観るのも、

大きな会場で、ゆったり座れる大きな椅子に隣同士で座り、

ポップコーンを食べながら、大きなスクリーンの映像と

素晴らしい音響システムを楽しむという「体験」に、

お金を払っていると感じます。

 

 

映像コンテンツが人を楽しませ続け、

それを自宅では味わえない体験価値に

膨らませてくれる映画館は、

きっとサービスをさらに拡充しながら(4Dなど)

まだまだ発展していくでしょうね。

 

 

追伸;

 

息子にどっちが楽しかったか聞いたら、

 

「どっちも楽し過ぎて、選べなーい♪」

 

と言っておりました。w

 

女の子は1人を選べるように、

しっかり指導したいと思います^^

 

「真実はいつもひとつ!」

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: