■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「負ける」ことができる人が、最後に「勝つ」

2017年05月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ

 

 

多くの人は「負ける」ことを異常に恐れて、

結果的に、大きく負けてしまっています。

 

投資の世界で言うと、「損大利小」になり、

市場から退場させられるのです。

 

私自身がFXで負けてしまっていた頃も、

損失を放置して「含み損」を抱え続けたり、

少し「利益」が出たからと有頂天になって

すぐに決済してしまっていました。

 

そして、結果として、

資産を減らしてしまったのです。

 

しかしながら、最後に勝つ人は、全く逆です。

 

負ける時は、潔く小さく負けて、勝つ時は、大きく勝つ。

 

これを繰り返していくからこそ、

長期的に勝ち続けられるのです。

 

ソフトバンクの孫社長も、まさにそうですよね。

 

アリババの大儲けの裏で、どれだけ負けているか、、、

 

「成功」の部分しか見ないと気付きませんが、

いかに、事業家が「損小利大」の投資をし続けているか、

社会から、その「成功法則」を盗むべきだと思います。

 

また、多くの人は、高い「勝率」を求めます。

 

しかし、勝率を無理矢理上げようと考えてしまうことは、

そのまま、リスクを大きくすることにつながります。

 

そもそも、「勝つ」ことだけに意識を持つことは、

メンタルを壊してしまうでしょう。

 

「勝ち」にも「負け」にも、心をブラさず、

結果を冷静に分析して、自分のルールを改善していく。

 

このようにコツコツと積み重ねられる人が、

着実に、資産を大きくしていくのですね。

 

2週連続で、原啓司さんと共に開催した、

Ryos Party限定のFXセミナーでは、

5万円を5年で5000万円まで殖やし、

現在進行形で資産拡大している原さんから、

多くのことを学ばせていただきました。

 

ただの「FXのノウハウ」だけではなく、

「人生哲学」が詰まった内容で、

「投資・消費・浪費」の違いや、

現在の仕事における「時間給」の分析など、

現時点の自分を見つめる好機にもなりました。

 

また、全国から集まってくださった皆様が、

今回の学びを心から喜んでくださったことが、

何よりも嬉しいことです。

 

このような学びの場、交流の場を作り続け、

その先に「個人の時代」を到来させるのが、

私の使命だと感じています。

 

原さん、ご家族との時間を大切にされている中、

2週連続、長時間を割いていただき、

本当にありがとうございました!

 

そして、ご参加いただいた皆様、

共に「負ける」ことを恐れずに挑戦し、

最後に、「勝ち」ましょう!!

 

追伸;

 

学び合った後の日本酒、美味しかったなあ、、、w

 

 

私にとっては、素敵な仲間に恵まれていることを

とても幸せに感じた最高の時間でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: