■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ポンド円・ショート「1246pips」の衝撃!

2019年08月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

先週末、私の中学校の同級生Y君が、FXで、

3日」で「3万円」を「150万円」にした、

という記事を書かせていただきました。

 

これに対して、FXの未経験者だけではなく、

長期的にFXを実践しているご経験者からも、

多くの反響をいただきましたので、

本日は、その続報を書かせていただきます。

 

あの後、Y君は、「91万円」を確定した上で、

 

 

今も保持し続けるポジションの利益が、

117万円」ある状況です。

 

 

つまり、「150万円」だった資産は

200万円」に膨らみ、その約半分を、

確定しているのです。

 

私の裁量トレードでの成果も、

定期的にご報告していますが、

原資からのリターンで算出すると、

Y君のトレードの方が、圧勝です。

 

Y君は、海外口座の特徴である

 

・高いレバレッジ

 

・ゼロカット(追徴されない)

 

を巧みに使い、これまで何度も、

数万円を100万円以上にしてきました。

 

そして、その上で、

膨らんだお金を日本に戻し、

その大きな原資を、

日本口座でさらに膨らませる予定です。

 

海外口座のデメリットとしては、

 

・日本に出金する時に、遅延、

 あるいは出金不可というトラブルがある

 

・総合課税になるため、

 利益が大きくなればなるほどに

 税金も膨らんでいく

 

などということがあります。

 

日本の口座も、

アカウント凍結などのリスクが

ゼロではありませんが、

 

・分離課税で約20%になる

 

・出金の際も、基本的にはスムーズに、

 すぐに銀行口座等に着金できる

 

などのメリットがあります。

 

Y君は、すでに日本口座で

長期運用するための準備も重ねていて、

デモ口座では、ポンド円で「1246pips」という

驚異的な含み益を得ています。

 

 

 

同じ口座の中で、ドル円でも、

利益「327pips」を保有中です。

 

たとえ「デモ口座」だとしても、

これだけ長期的にトレンドを読み、

大きな成果を出すことは、とても難しいことです。

 

「まずは私が、Y君にまた追い付かなくては^^」

 

と、先日の記事にも書きましたが、その壁が、

どんどん高くなっているように感じます!汗

 

私から学び、keiさんから学び、その上で、

様々な書籍やネットの情報から学んで、

まるで元気玉のように、すべてを吸収して、

巨大な力を持ち、才能を遺憾なく発揮しているY君。

 

私のコンサル「Ryos Party」から、

これだけの猛者を輩出することができて、

とても幸せです。

 

他のメンバーの皆様(私を含め)も、

Y君に追い付け追い越せ!の精神で、頑張りましょう!

 

追伸;

 

本日の写真は、Y君の「91万円」確定口座、

117万円」含み益口座と、

ポンド円「1246pips」のデモ口座、

そして、灼熱の中でSL列車を楽しむ子ども達です^^

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: