■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


株口座の資産が「1,000万円」突破!

2021年12月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

10月から本格的にスタートした株投資は、

2021年中に証券口座の資産合計額を

“1,000万円”以上にすることを

目標にしていました。

 

そして、クリスマスを前に、

それを早々に達成しました。

(証券口座内で一部はまだ現金ですが)

 

複利投資に加えて、増資によって、

まずは大きな“1本”を実現しました。

 

来年の年末には、次の桁の“1本”、

つまり、

 

「株でも、資産1億円」

 

を目指して、引き続き、

複利投資&増資を繰り返します。

 

世界経済は、インフレ抑制のために、

金融引き締めの流れになっていますし、

日本では、金融所得課税・増税の

議論が続いています。

 

環境は決して楽勝ではなく、

 

「誰でも儲かる」

 

状況では、決してありません。

 

ただ、先日大好評だった

資産100億円・M氏のウェビナーでも、

 

「すぐ始めて、投資をし続ける」

 

「どんな状況でも、チャンスはある」

 

「だからこそ、常に、

 マーケットに向き合い続ける」

 

ことが、

大きな資産形成に繋がることを学び、

それを確信していますので、

株での資産形成を継続していきます。

 

もし、暴落が起こったとしたら、

その時こそが、最高のチャンス。

 

これまでの歴史を振り返っても、

株が暴落して、多くの方が、

 

「株は危ない!怖い!」

 

と敬遠してしまうショックの後にこそ、

億万長者が大量に誕生しています。

 

このような大衆と真逆の視点で、

これからも、長期投資を繰り返します。

 

2022年以降は、

生き延びる銘柄と、沈んで行く銘柄に

2局化していくでしょう。

 

その中で、銘柄選びに失敗すると、

塩漬けの嵐になり、

その先の資産拡大は難しくなります。

 

ですから、長く結果を出し、

すでに100億円を得ているM氏から

学び続けることが重要だと考えています。

 

こうして、2021年のうちに、

2022年に繋がる新たなチャレンジを

始められていることを、

とても嬉しく思います。

 

ここで、私の証券口座2社の資産状況を

公開させていただきます。

 

それぞれ、「7,886,763円」と、

「2,538,337円」で、

現在の合計が「10,425,100円」です。

 

 

現時点では、国内とアメリカの

株資産の比率が「5:5」程度で、

ポートフォリオを構築しています。

 

今後は、高配当銘柄がたくさんある

アメリカ株の比重をどんどん高め、

「3:7」程度にしていくことを想定しながら、

ドル資産を高めていく方針です。

 

なお、M氏と繋げて欲しいというお声を、

ご案内を締め切った後にも

複数いただいているのですが、

年内は、申し訳ございません!

 

完全に締め切っておりますので、

ご理解くださいますと幸いです。

 

また来年、M氏と相談して、

そのチャンスが来ましたら、

改めてご案内しますので、

それまではお待ちくださいね^^

 

追伸;

 

口座の画像だけでは味気無いので、

3年前のクリスマスツリー&子ども達と、

私と妻の写真も追加して、アップしました!

 

 

最近の子ども達2人も可愛いですが、

6歳のお兄ちゃんが2歳の妹の肩に

手を置くのが、たまらなく可愛いです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: