■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


偕楽園と弘道館で感じた、息子の成長

2021年12月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

茨城・水戸の2日目は、水戸駅の入場券で、

朝から電車の撮影大会でした。

 

 

ここでしか見られないE501系(ゴマイチ)、

カラフルな鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、

特急のひたち・ときわなどに興奮する、

息子と列車の、2ショット。

 

 

 

息子が満足するまで、

パパはカメラマンを頑張りました。

 

少しお腹が空いて、ホームでおにぎりを食べ、

息子はアイスを頬張り、私はコーヒーを飲み、

 

 

あっという間にお昼になって、

黄門様、助さん格さんの銅像に寄付をしてから、

偕楽園に出発。

 

 

まだ9歳になったばかりの息子には、

日本三名園の偕楽園は、少し早いかな?

と思っていました。

 

2年半前、息子が6歳の時に一緒に訪れた

金沢の兼六園の時は、娘と走り回ってばかりで、

日本庭園の素晴らしさを感じる感性が

育まれていなかったことを思い出します。

 

40歳を超えた私でさえ、

これら名園の真の魅力を理解しているかどうか、

定かではありません。

 

ですから、少しでも飽きてしまったら、

園を後にしようと思っていました。

 

ところが、歴史を感じる建造物や、

美しい竹林などに、息子は一気に魅了され、

電車に向き合う情熱に負けないくらいに、

没入していきます。

 

 

そして、iPhoneで調べて、

 

「パパ、2月からは梅が満開なんだって!」

 

「来年は、チームラボがライトアップするよ!」

 

 

「あっ、メロンサイダーが売店にあるよ!」

 

など教えてくれます。

 

これからの時代、

「検索力」がある人間は強いですね。

 

いやー、本当に、

息子の未来が楽しみです。

 

この力が発揮され、ランチは、

 

・納豆そば

 

 

・けんちん汁

 

 

・メロンサイダー

 

 

という、茨城の名産物を

偕楽園内で味わうことができました。

 

 

こうして腹ごしらえしてから、

次に訪れた弘道館は、

日本最大の藩校と言われ、

水戸での学びで成長した渋沢栄一が、

ここで講演をしたことでも有名です。

 

 

息子は、この弘道館でも、

 

「あっ、1万円の顔になる人だ!」

 

とすぐに認識して、

展示された資料をじっくり見て周り、

新しい知識を得たことに喜んでいました。

 

今回の水戸旅行は、

息子の電車撮影に付き合うつもりで来たのに、

不意に、親子の社会科見学となったことを、

とても嬉しく思います。

 

何より、息子が想像以上に成長していること、

語彙力が格段に高まっていることに驚きました。

 

私達は、一般的な父子よりも、

ずっと一緒にいる時間が多いと思いますが、

それでも、見逃してしまうことがあるのだと

反省した次第です。

 

息子の成長を、もっともっと感じるために、

こうして2人旅行を続けていきたいです。

 

そのためにも、息子が小学生の間に、

父子で47都道府県2人旅行!を目指そうかな。

よーし、新たな目標ができました!

 

あと3年で達成できるよう、

私は、もっともっと自由になります^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: