■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「知的好奇心」を追求する生き方

2015年12月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1223

 

日本人はもっと、自分の価値観を大切に、

自分の知的好奇心に素直に従うべきだと

感じています。

 

情熱を持って、自分の好きなことに

没頭している人があまりにも少ないからです。

 

自分の価値観を持たないということは、

他人の価値観で生きることと同義です。

 

そうして、周囲に流され、

自分というものを見失ってしまいます。

 

ビジネスの世界でも、

そのような傾向が顕著です。

 

市場の調査を続けて、

「世間はこういうものを望んでいる」

と結論付けた商品、サービス開発だけを

続けている状況に、私はずっと

違和感を持っていました。

 

私達はもっと、自分が欲しいもの、

自分が喜ぶものを求めるべきです。

 

調査を経ることによって、

「外さない」ものを作ることは

できるかもしれません。

 

しかし、皆の想像を超えた

革新的なものを生み出すことは、

絶対にできません。

 

このようにして、企業は

「無難で失敗しない経営」を考え、

人は、「無難で失敗しない人生」を歩み、

今の日本の閉塞感があるのだと思います。

 

他人の価値観に頼っているうちは、

大きな成果を出すことはできないのです。

 

私が起業してから接する成功者たちは、

とことん、自分の価値観を信じ抜き、

「自分の人生」を歩んでいます。

 

そして、だからこそ、

成功しているのだと捉えています。

 

ビジネスの本質は、

お客様に喜んで頂くことです。

 

そして、お客様に喜んで頂くためには、

自分が生きる喜びを実感することが

大前提になります。

 

つまり、「他人に喜びを与える」ことは、

自分の知的好奇心の延長線上にしか

存在しないのです。

 

知的好奇心を持つ対象は、

何でも構いません。

 

「ファッション」

 

「絵画」

 

「音楽」

 

「鉄道」

 

「アニメ」

 

「アイドル」、、、、

 

あらゆる対象を心から愛し、

自分が愛する理由を探求することです。

 

そこにこそ、他人を喜ばせる何かが

必ず隠れています。

 

そして、そのエッセンスを知ることが、

ビジネスにも応用できます。

 

息子の「尽きない知的好奇心」を見ながら、

私も、いつまでもこうありたいと感じる

今日この頃です。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: