■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


嵐・櫻井翔さんの父親、電通の執行役員へ

2017年11月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

桜井俊・元総務次官が、来年11日付で、

電通の執行役員に就くという人事が発表されました。

 

桜井俊さんは、人気アイドルグループ「嵐」の

櫻井翔さんの父親ですから、これを受けて、

 

「電通とジャニーズの蜜月関係」

 

「これで、嵐もしばらく安泰」

 

などと揶揄されているのですが、

私が最も違和感を覚えるのは、

そこではありません。

 

「露骨すぎる天下り」

 

である上に、

電通の事業は、総務省の管轄に極めて近く、

この人事自体があって良いものなのか疑問なのです。

 

まさに今、「電波オークション」の議論もされる中、

電通に都合の良い方向に進めるための汚い「策」、

としか考えられません。

 

電通社内には、政治家の子供、芸能人の子供、

大企業やメディア関係の幹部の子供など、

「コネ」を持つ社員がうじゃうじゃいます。

 

ましてや、櫻井翔さんの弟も、

来年4月から電通に入社予定と報じられたばかりです。

(妹は、日テレ社員)

 

こうして、人と人の関係の中で

大きなお金を動かしてきたのが

電通であることも、事実です。

 

しかし、それがなかなか通用しなくなった現代において、

それでも、古い手を打ち続けるような今回の人事報道に、

私は、決して前向きでは無い感情を抱きます。

 

電通には、既得権益を守るための

使い古された策を講じるよりも、

Google」や「Facebook」、あるいは、

日本で言えば「AbemaTV」のような、

新たなメディアをゼロから立ち上げていく

「チャレンジ」をして欲しいからです。

 

私には、このように

ネガティブに感じられたニュースだったのですが、

株式市場は好意的で、日経平均が微減の午前、

電通は、約3%高くなっています。

 

きっと、国も芸能界も味方につける

「合理的な人事」という評価でしょう。

 

私はまだ、社員時代に持株会で取得していた

株の一部を保有している「電通の株主」の状態ですから、

資産価値が上がることは嬉しいのですが、、、

 

とても微妙な心境です。

 

慶應義塾大学のキャンパスに、

自然体で通学していた櫻井翔さんのことは、

私は、個人的に評価していました。

 

ただ、今回の電通の判断、

そして、櫻井翔さんのお父様のご判断は、

私は、「嫌らしい」としか考えられず、

前向きには受け止められません。

 

私が社内にいて、嫌いだった電通の1つの顔を、

久しぶりに見てしまった気分です。。

 

あなたはどうお考えでしょうか?

 

追伸;

 

今日の写真は、

櫻井翔さんや俊さんは使わず(肖像権に配慮して)、

自分のドヤ顔にしておきました!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: