■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


慶應が隠蔽を企んだ「性的暴行事件」

2016年10月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

「ミス慶應」の中止という報道の裏には、

何かがあると感じていた方が多いと思いますが、

大学側が「性的暴行事件」の隠蔽を企んだことが

明らかになりました。

 

「未成年の飲酒」とだけ説明された背後には、

ミス慶應を運営する広告学研究会に所属する

複数の男子学生達が、同会1年生の女子学生に

性行為を強要した事実があったのです。

 

すでに、被害に遭った女性の母親が

警察に届け出ているということで、

これから、真相が明らかになってくるでしょう。

 

「慶應」と「電通」

私自身が歩んで来た道で、立て続けに起こる悲劇。

 

日本社会のあり方に、

パラダイムシフトが求められていると

感じずにはいられません。

 

これ以上、悲劇を繰り返さないために、

慶應、電通が大きな責務を負うのは当然ですが、

それと同時に、私が抜本的改革が必要だと思うのは、

教育です。

 

高校生までの教育において、

詰め込んだ知識で頭でっかちになっている人間は、

心が育っていません。

 

心が未熟なままだからこそ、

相手の気持ちを察することができず、

その行為によって目の前の人がどれだけ辛いか、

苦しいか、悲しいかが、わからないのです。

 

そして、性的暴行や過労自殺という

悲劇を生んでしまうのです。

 

電通の元同僚から得た情報によると、

亡くなった女性社員は、不正請求を起こした

インターネット広告の後始末を担っていたようです。

 

上司達が起こしたミスを、

その責任の無い新入社員に押し付けて、

早朝までのサービス残業を強いる。

 

これは、「人」のやることでしょうか。

 

温かい心を持つ社員が周囲に1人でもいれば、

そこにある過ちに気付けたはずです。

 

日本は、このままでは終わります。

 

心が無く、責任を押し付けるクズばかりになり、

社会はどんどん腐っていくでしょう。

 

これ以上の犠牲者が出ないうちに、

大きく軌道修正しなければいけません。

 

慶應には、某週刊誌が斬り込みましたが、

電通には、どこが勇気を持って斬り込むか。

目の前の利益など無視して、

より良い社会を実現するために、

行動するメディアが出てくることを願います。

 

一方で、私はまだまだ力不足ながら、

この数日の記事を皆様がシェアしてくださったおかげで、

BLOGOSlivedoor NEWSSpotlightなどで、

私の思いを大々的に取り上げていただき、

急激に拡散しています。

 

お力添えくださった、あなたのおかげです。

 

本当にありがとうございます。

 

「慶應」「電通」という、過去のレールに幸せはなく、

これからは個人の時代であるということを、

このまま、私自身の生き様で証明していきます。

 

追伸;

 

様々なことを思い出して心労が溜まっていたので、

家族で歌ってストレス発散してきました。

 

family20161012

 

音楽には、心を安定させる不思議な力がありますね。

 

昨今の社会状況を鑑みて、改めて、子供達の教育でも

心を育んでいくことが一番大切だと考えさせられています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: