■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「ユーミン」の作り方~松任谷正隆の流儀~

2017年04月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

J-POPの代表的存在として知られる「ユーミン」こと、

松任谷由実さんの楽曲制作やコンサート演出は、

夫である松任谷正隆さんがプロデュースすることで、

より一層、輝いています。

 

WOWOWのドキュメンタリー、

 

『「ユーミン」の作り方~松任谷正隆の流儀~』

 

で描かれた、ご夫婦お2人のリアルな姿から、

お互いを信頼し、支え合っている様子を

垣間見ることができました。

 

松任谷正隆さんが、

ユーミンとの結婚を決めたのは、

 

「サビのコード進行にBm7を使ったのが

 あまりにも意外だったから」

 

というエピソードもあるようですが、

相手の才能を高く評価し合っている関係は

とても素敵ですね。

 

もちろん、時には反発することもあるようで、

誰もが知っている名曲、

 

「春よ、来い」

 

のイントロのフレーズを、

松任谷正隆さんが思い付いて

早速ユーミンに聴かせたところ、

 

「これは、嫌。」

 

と拒絶されたそうです。

 

彼女は、もっとイスラム音楽のようなテイストを

積極的に取り入れたかったそうですが、

正隆さんが、

 

「俺は、絶対に譲らない」

 

と一歩も引かずに、

そのままのアレンジで発売となり、

結果、大ヒット曲になりました。

 

才能と才能が、時にぶつかり合うことで、

国民の心を掴んで離さない名曲が

生まれているのだと感じました。

 

また、松任谷正隆さんにとって、

ユーミンがどんな存在かを聞かれると、

 

「親であり、子。」

 

「先生であり、生徒。」

 

と答えていたのも、印象的でした。

 

実際に、私も妻に対して、

同じような感覚を持っています。

 

どちらが上とか、どちらが下という意識ではなく、

時と場合に応じて、自然と、接し方が変わるのです。

 

そして、このように、時の流れの中で、

お互いが立場を変えて支え合っていくことが

良好な人間関係を維持するために

大切なことなのだと気付かされました。

 

桜が満開で、「春よ、来い」を聴きながら

お花見でもしたい、春の週末。

 

東京はあいにくの雨が続いていますが、

私は息子と交代で、自宅に溜まった録画リストを

味わいたいと思います^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: