■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


香港での緊急トラブル「ピンチをチャンスへ」

2016年12月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

娘の8ヶ月のお祝いは、自宅でゆっくり、

ニコ生の「YOSHIKIチャンネル」で生放送される

香港でのクラシックコンサートの様子を見ながら

家族で過ごす予定でした。

 

12/8に、妻と2人で東京国際フォーラムで体感し、

大変感動した演奏の素晴らしさを、

子供達にも体感してもらうことを

とても楽しみにしていたのです。

 

予定から2時間経って公演が始まらなくても、

YOSHIKIにトラブルはつきものなので、

気長に待っていました。

 

ところが、

香港のプロモーターPuffin Entertainmentが、

興行のライセンス申請をしていなかったと言う理由で、

急遽、中止されることが発表されました。

 

プロモーター側は、YOSHIKIサイドに対し、

チケット購入者へ全額返金することで

解決を図ろうとしました。

 

しかしながら、事態を重く見たYOSHIKIは、

会場と交渉してすぐに記者会見を行い、

ファンに向かって涙を流しながら、翌30日、

無料でライブをすることを発表しました。

 

 

香港だけではなく、中国本土、日本、

ヨーロッパなど世界中から集まったファンに、

最大限できることを考え、会場だけではなく

オーケストラや歌手などを全力で調整して、

どんな困難があっても乗り越えると誓ったのです。

 

YOSHIKI本人も、大晦日の紅白歌合戦で

日本でリハーサルをする予定がありましたが、

それをキャンセルして、

目の前のファンに誠意を尽くすことを選びました。

 

プロモーターに責任を押し付けることなく、

自分にできることを精一杯考えて、

どんなピンチも未来につなげるチャンスにする姿に、

私は感動しました。

 

YOSHIKIチャンネルでも、

何度も泣きながら状況を説明する彼は、

本当にファンを愛していて、

最高のパフォーマンスを届けることに

真剣に取り組んでいるのだと再認識しました。

 

 

当日の公演を無料にする交渉を

ギリギリまで頑張ったようですが、

それが適わなかったことがとても悔しそうでした。

 

そして、代償として、返金されたチケット1枚につき、

2名を無料招待するという形を選びました。

翌日には来れない方もいるでしょうから、

それですべてが解決される訳ではありませんし、

運営する側のお金の問題なども残っています。

 

それでも、彼の判断は迅速で、的確で、

本当に素晴らしいと感じました。

 

2016年は、私が幼少の頃から愛してきた

YOSHIKIに改めて敬意を持ち、

彼を見続けることで、大変多くのことを

学ばせていただきました。

 

YOSHIKIに感謝しながら、彼の凄さが、

ファンではない方にも伝われば嬉しいです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: