■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


不完全な「自分」と「相手」を愛するために

2016年11月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family20161105

 

現在のあなたは、これまであなたをずっと

大切にしてきてくれた人の「愛の結晶」です。

 

だからこそ、自分を大切に、大切に生きることが、

これまで愛を与えてくれた方達への恩返しになります。

 

自分を大切に生きるということは、つまり、

「信念を貫く」ということです。

 

社会の中には様々な意見がありますから、

自分が言動したことに対して、否定したり、

攻撃してくる方は必ずいるでしょう。

 

そのような声に対して、柔軟に聞く耳を持ちながらも、

大切にしている自分が信じたことを簡単には曲げない、

そのような芯の強さを持つべきだと考えています。

 

この世に、「完全」な人間などいません。

 

それぞれが、より高いステージを目指して努力しますが、

現時点で切り取ると、誰もが、「不完全」です。

 

そのプロセスの中で、重要なのは、

 

「不完全な自分を愛すること」

 

そして、

 

「不完全な相手を愛すること」

 

です。

 

私は、元々、自分を愛することが

全くできない人間でした。

 

自分が嫌いで、嫌いで、

自己否定をずっと繰り返していました。

 

あらゆる人間関係の中から、

自分の特性を理解し、それに合わせて

行動してきたつもりではありましたが、

それでも、感情の起伏が激しく、

他人と上手に交流できない自分に

長い間、苦悩を抱えていました。

 

ところが、昨日ご紹介した「エニアグラム」を知り、

本当の自分を知ってから、そのような不完全な自分をも、

愛することができるようになりました。

 

そして、今まで理解できなかった他人の言動も、

それぞれの特性の違いから、

理解することができるようになりました。

 

エニアグラムを知ると、他人の言動が

面白いように分かってしまいます。

 

この状況では、あの人はこう言うだろうな、

このような態度をとるだろうな、ということが、

ものの見事に見えてきます。

 

まだまだ勉強が足りない私は、

相手の予想外の言動に驚くこともありますが、

それでも、エニアグラムの本質に戻って捉えると、

なるほどな、、、と理解できるようになりました。

 

そのような姿から相手を理解し、

その不完全な相手も、愛していく。

 

そのために、エニアグラムを

学び続けたいと考えています。

 

そうして、自分の内観ができるようになったら、

大切な人の内観を助けてあげることができるからです。

 

ビジネスの世界で大成功されている方も、

エニアグラムの凄さを高く評価されていることを知り、

改めて、私が取り組んでいくことの価値を感じています。

 

自分を愛するために、そして、あなたを愛するために。

 

エニアグラムを深く深く学び、その叡智を、

あなたに授けていきますね!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: