■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


2014年インフォトップ「ルーキー賞」受賞!

2015年01月15日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa015

 

2014年インフォトップアワード

アフィリエイター部門の「ルーキー賞」を

受賞致しました。

 

私は、

 

2012年:電通退社

 

2013年:FAS役員

 

2014年:アフィリエイター活動開始

 

という経歴で、

個人のアフィリエイターとして

本格的に活動を開始したのは、2014年です。

 

インフォトップにおいては、

極一部の、自分自身が

心から愛している商品だけを

販売してきました。

 

その実績を評価して頂き、

「ルーキー賞」という名誉ある賞を

与えて頂いたことを

大変光栄に思っております。

 

私が最も尊敬するアフィリエイターは、

羽田和広さんです。

 

「妊婦のヒモ」という

大変苦しい状況から這い上がり、

孤高のアフィリエイターとして異彩を放つ姿は、

私にとって痺れる程に輝いています。

 

そんな羽田さんが、

2013年に新設された

初代「ルーキー賞」を受賞された時、

私は心から、「来年、私も続きたい…」

と願っていました。

 

そしてその思いが、

本当に叶いました。

 

憧れの羽田さんから直接学ばせて頂き、

「ルーキー賞」という栄光のバトンを

受け継がせて頂いたことが、

とても幸せです。

 

インフォトップでは、

1年に2万人のアフィリエイターが

誕生しています。

 

つまり私は、

2万人の中のトップに立ったのです。

 

これは、確率で見ると、

【0.005%】になります。

 

私のこれまでの人生における

「慶応義塾大学入学」や

「株式会社電通入社」などに比べても、

圧倒的に名誉のある、

人生で最高の栄光だと感じています。

 

ただ、「これは私の力だ!」とは

考えておりません。

 

私を支えて下さる皆様のお力によって

受賞させて頂いたに過ぎないのです。

 

あなたのおかげです。

 

本当にありがとうございます!

 

特に感謝をお伝えしたいのは、

いつまでも自分を高め続ける姿勢で

私を正しい道に導いて下さる羽田さんと、

羽田さんと私を結び付けて下さり、

大きなチャンスを与え続けて下さるM氏です。

 

心から、感謝を申し上げます。

 

 

追伸1;

 

誕生日を迎えられた

M氏のご自宅に家族で伺って、

お祝いをさせて頂きながら、

ルーキー賞のご報告を致しました。

 

金色の家具で統一されたお部屋に、

妻と息子が大はしゃぎ^^

 

家族一同、新年早々

最高の運気を頂きました!

 

 

追伸2;

 

2014年は自社決済が多くありました。

 

名誉ある賞を頂いたからには、

2015年はもっとインフォトップさんに

貢献出来るように致します。

 

ルーキー賞、心より御礼申し上げます!

 

※インフォトップアワードの詳細はこちら

 

→ http://fujisawa-ryo.com/top_2014_a

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: