■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


彫刻家や画家が長生きする理由

2014年06月04日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

koori0603

 

彫刻家の平櫛田中氏は108歳、

北村西望氏は102歳まで生きられました。

 

平櫛田中氏は、100歳の時に、

30年分の彫刻材料を確保したと

言われていますので、

130歳まで生きる気力を

持っていたということですね。

 

画家にも長寿の方が多く、

小倉遊亀氏が105歳、

片岡珠子氏が103歳。

 

海外でも、

パブロ・ピカソが91歳、

マルク・シャガールが97歳など、

長く生きられる方が

大変多くいらっしゃいます。

 

これには、

二つの理由があると言われます。

 

一つは、手を使い続けること。

 

第二の脳とも言われる「手」に

刺激を与え続けることが、

生命力を強くしているのです。

 

もう一つが、生き甲斐です。

 

次の作品、その次の作品と、

情熱を持ち続けることが、

命に輝きを与えています。

 

好きなことに没頭すると、

人は脳からβエンドルフィンが

分泌されます。

 

これにより、

脳や手足の血流が

どんどん良くなり、

免疫力が向上します。

 

一方で、

嫌々ながらやる「労働」は、

交感神経を緊張させ、

副腎からコーチゾールなどの

ストレスホルモンが分泌されて、

免疫力が極端に落ちます。

 

これらのことから、

やり甲斐のある仕事を選ぶことが、

とても大切だと分かります。

 

私は、会社員の仕事に

やり甲斐を見出だすことが出来ず、

起業することによって

ストレスから抜け出し、

最高のやり甲斐、生き甲斐を

感じられるようになりました。

 

あなたも、まずは、

目の前の仕事に感謝し、

明るく前向きな気持ちで

取り組むことです。

 

ただし、

もしそれが不可能なら、

仕事を変えるべきだという

サインかもしれませんね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: