■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「1:5」で決まる離婚の法則

2014年06月23日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

mama_tsubasa

 

結婚と離婚を研究している

ジョン・ゴッドマン博士は、

離婚する夫婦を的中させます。

 

700組の新婚夫婦を対象に、

15分の会話を動画に撮って

10年後に離婚する夫婦を

予測した調査では、なんと、

94%の確率で言い当てたのです。

 

この時の判断基準は、

以下の通りです。

 

 相手を不快にさせる言葉1に対し、

 相手を喜ばせる言葉が5以上あれば、

 その夫婦は離婚しない。

 5以下であれば、離婚する。

 

人が、どれだけ周囲の言葉に

影響を受けるのかを示した、

驚くべき調査結果ですよね。

 

この「不快」な言葉は、

相手を直接攻撃したり、

否定するようなものだけではなく、

「疲れた」「面倒臭い」「まずい」

なども含まれます。

 

一番身近な人が、

相手を不快な言葉で包むことが、

その人と離れたいという気持ちに

繋がってしまうということですね。

 

実は、私の家庭では、

この調査を知る前から、

「不快ワード撤廃運動」をしています。

 

妻の言葉に不快ワードを見付けたら、

今後使わないように注意します。

逆に、私が気付かずに

そのような言葉を使っていたら、

注意してもらうようにしています。

 

不満や愚痴を言いたくなることは、

もちろん、誰にでもありますよね。

 

相手が家族なら、

特に、気を抜いてしまいがちです。

 

しかし、だからこそ、

気を付けるべきだと思うのです。

 

家庭の中での言動が、

外でも出てしまいますからね。

 

家族だけではなく、

色んな方とコミュニケーションする時、

あるいは、情報発信する時、

万が一、相手にとって

不快な表現をしてしまった時は、

その5倍以上、

相手を喜ばせて、

笑顔にするような言葉を

選ぶように心掛けたいですね。

 

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: